top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

本田仁美、ドラマ出演を機にAKB48卒業を決意「背中を押してもらった」 今後は“食”の知識を武器にジャンルを問わない活躍誓う<ダウンタウンDX>

WEBザテレビジョン

12月7日(木)放送の「ダウンタウンDX」(毎週木曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)は、「マネージャーからの売り込みSP」。上田竜也(KAT-TUN)、笠松将、栗原恵、TETSUYA(L’Arc~en~Ciel)、パンサー、本田仁美(AKB48)、もう中学生、ゆりやんレトリィバァが登場し、それぞれのマネージャーが「これから売り込んでいきたい」と考えている意外な一面や特技などについてトークを繰り広げる。

WEBザテレビジョンでは、収録を終えた本田に独占インタビューを実施。収録の感想や印象に残ったエピソード、食にハマったきっかけ、今後の展望などについて話を聞いた。

■ダウンタウンとの共演は「現場に入る前がすごく緊張する」

――まずは収録を終えた率直な感想を教えてください。

以前出演させていただいたときはまだコロナ禍ということもあって、出演者の皆さんと円になって距離がある中で話す感じだったのですが、今回は皆さんとの距離も近くて、すごく盛り上がってお話できたなと思いますし、純粋にすごく楽しかったです。

――バラエティー番組への出演は音楽番組と比べていかがですか?

やっぱりダウンタウンのお二人と共演させていただけるのはすごく光栄なことだと思うので、いつも以上に緊張します。いつも浜田(雅功)さんや松本(人志)さんが話を振ってくださるので、本番中はあまり緊張せずにいられるのですが、現場に入る前がすごく緊張するんですよね。昨日の夜とかも久しぶりにドキドキしました。

――ダウンタウンのお二人のそれぞれの印象をお聞かせください。

浜田さんとの共演はかなり多くて月に2回ぐらいお会いしているので、もうだいぶお話もできるようになりました。ツッコむときに叩いたりどついたりするイメージがあったので、最初の頃はちょっと怖い方なのかなと思っていたのですが、実際は全然そんなことなくて、カメラが止まっているときもすごく優しく話してくださります。

あとは以前、一緒に焼き肉に行かせていただいたことがあって、そのときも真剣なアドバイスをいただいたりしました。お酒も一緒に飲ませていただいて、すごくいい思い出です。

松本さんは共演させていただく機会はあまり多くはないのですが、テレビで見る感じそのままというか、本当に裏表なく、常に面白いです。でも、実は一つ気になっていることがあって…。私と一緒で金髪じゃないですか。なのに、一度も(生え際が伸びて色が二層の状態の)プリンだなと思ったことがないので、どれぐらいの頻度でブリーチされているのだろうと、今日も収録中に結構見てしまいました(笑)。


■理想の男性は「素直で金銭感覚が似ている人」

――「マネージャーからの売り込みSP」というテーマでしたが、共演されたゲストの皆さんのエピソードで特に印象に残ったものを教えてください。

KAT-TUNの上田さんが、恋愛相談が得意というのは意外だなと思いました。私も直接相談させていただいたので、それはすごくうれしかったです。

――恋愛相談の流れでお聞きしますが、理想の男性のタイプはありますか?

理想としては素直な人がいいというのと、金銭感覚が似ている人がいいなと思います。使いすぎる人も逆にケチすぎる人も自分には合わないと思うので、その辺りの感覚が近しい人がいいです。

――本田さんは、“ベストな差し入れ”など食についての知識を披露されていましたが、ハマったきっかけやタイミングについて教えてください。

私達はコンサートやライブで差し入れをいただくことが多くて、そこでおいしいものがたくさんあることを知ったのがきっかけです。私も自分がおいしいと思ったものを誰かに食べてもらうのがすごく好きなので、せっかくならいいものプレゼントできるようになりたいと思って調べるようになりました。本格的に食について調べるようになったのは、2,3年前くらいからだと思います。

――ご自身がもらった差し入れの中で一番うれしかったものや記憶に残っているものはなんですか?

いっぱいありますね(笑)。スイーツが大好きなのですが、それ以外にもお弁当の差し入れもすごく好きで、オーガニックで彩りの良い繊細なつくりのお弁当を見るとテンションが上がっちゃいます。テレビ番組の現場だと唐揚げとか中華とか定番のものが多いと思うのですが、雑誌の撮影現場だとそういったおしゃれなお弁当が多いイメージです。ただおいしいだけではなくて、健康志向のものが好きですね。

――以前、インタビューで「パンとチーズが好き」と話されていましたが、最新のお気に入りグルメがあれば教えてください。

パンとチーズは変わらず今でもすごく好きです!最近だと、「うさぎや」さんのどら焼きを食べてから、どら焼きをすごく好きになりました。あとは、ガレットも大好きです。


■「最高の教師―」への出演が卒業のきっかけに

――俳優業でもメキメキと頭角を現していらっしゃいますが、「北欧こじらせ日記」(2022年、テレビ東京系)での主演や、7月クールの「最高の教師 1年後、私は生徒に□された」(日本テレビ系)などの現場を経験して、心境の変化はありましたか?

今回「最高の教師―」に出演させていただいて、自分自身も背中を押されたことがたくさんありました。実は、ドラマの撮影期間中にAKB48からの卒業を発表したのですが、作品自体がすごくメッセージ性のあるドラマで、その中にすごく響くせりふがあって、それで卒業を決心したというのもあります。

プロデューサーさんにも卒業を発表する前に「ドラマのせりふに背中を押してもらって決意しました」とお伝えしました。なので、きっかけをいただいた作品だなと思いますし、とても大事な作品になりました。今後はジャンルを問わず、いろいろなことに挑戦していきたいと思っています。

――2024年1月に卒業を控えていますが、卒業までにやりたいことややり残していることはありますか?

アイドルだからこそできることってたくさんあると思っていて。もちろん卒業してからもできるとは思いますが、躊躇なくできるとなると、例えば高めのツインテールにするとか。そういうのってアイドルの特権というか、かわいい自分を全力で見せられるのは今だけだと思うので、かわいい髪型にも挑戦しようかなと考えています。

■「自分が想像できないくらい大きい人になれたら」

――それでは、今後の展望や目標をお聞かせください。

「自分のなりたい自分になる」というのが目標なので、その年齢のときにしかできないことに挑戦したり、自分で限界を決めずに、向いていないと思うことにも果敢にチャレンジしたいと思います。

私はお芝居の経験がそんなになかったので、ドラマ出演も実は不安が大きくて…。でも、うまい下手を問わずに、自分自身の心境にもすごく変化が出たし、学べたことやきっかけをもらったことがたくさんあったので、そういうところからいろいろ吸収して、自分が想像できないくらい大きい人になれたらいいなと思います。

――最後に、今回の放送の見どころと視聴者へのメッセージをお願いします。

今回は、自分の意外な一面や売り出したいところの特集でした。私はあまり食べないイメージを持たれることが多いのですが、食べることが大好きなので、そういう意外な一面も見ていただけるかと思いますし、これからもどんどんいろいろな形で成長していきたいなと思うので、ぜひ楽しんで見ていただけたらなと思います。
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル