top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「夢の週休3日」で残業が減る? そのメカニズムと従業員の満足度に迫る

ABEMA TIMES

 働き方改革が叫ばれる中、“給料が減らない週休3日”を導入する企業が出始めている。導入により大きなメリットも生まれてきているという企業の担当者を取材した。

【映像】週休3日のメリデメとは?

 ファッション通販サイト『ZOZOタウン』などを手がける、株式会社ZOZOは、2021年から新しい働き方を取り入れている。

「社員のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を検討した結果、週休3日制を導入するに至った」(ZOZO ホスピタリティ事業部・花村和明氏、以下同)

 週休3日を導入しているのは、ZOZOのなかでもホスピタリティ本部と呼ばれるカスタマーサポートを主な業務にしている部署で、約100人が働いている。

広告の後にも続きます

「カスタマーサポートでは顧客満足度の向上を実現するために、“社員自身の満足度”の向上が重要だと考え、週休3日か2日を半年に1回選ぶことができる仕組みを導入した。その結果、正社員のうち25~40%が週休3日を選択している」

 しかし、週休3日を選ぶと給料は変わらないのだろうか?

「給料は減らない。週休3日を選択した場合は1日10時間働く。1日10時間×4日で週の稼働時間が40時間と、週休2日と変わらない稼働時間なので給料は減らない」

 また、導入することで2つのメリットがあったという。

「社内の反応としては、仕事とプライベートのメリハリがついて、どちらも充実している人が増えたように感じる」

 今回インタビューを受けてくれた花村氏自身も、制度開始以来、週休3日を選択している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル