top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

今季は6名の初V選手が誕生

テニス365


ジャパンオープンで優勝したシェルトン
画像提供:tennis365.net

2023年シーズンのATPツアーはチャレンジャー大会も含め12月3日に終了。今シーズンのツアー大会では、B・シェルトン(アメリカ)やA・フィス(フランス)ら6名が「ツアー初制覇」を経験した。

2023年最初に初制覇を成し遂げたのは1月2日から8日にかけて開催されたタタ・オープン・マハーラーシュトラ(インド/プネ、ハード、ATP250)で優勝したT・フリークスポール(オランダ)。当時26歳で世界ランク95位だったフリークスポールはM・チリッチ(クロアチア)やA・カラツェフらを破り初のツアー決勝に駒を進めると、最後はB・ボンズィ(フランス)をフルセットで下した。この大会でフリークスポールは4試合戦い、わずか2ゲームしかブレークを許さない完璧なプレーを披露。現在は世界ランク23位とトップ選手の仲間入りを果たしている。

2人目は2月6日から13日にかけて行われたダラス・オープン(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATP250)で優勝したウー・イービン(中国)。23歳のウーはD・シャポバロフ(カナダ)やT・フリッツ(アメリカ)、J・イズナー(アメリカ)ら強敵を次々倒し、中国人男子選手として史上初となるATPツアー制覇を成し遂げた。その結果もあり、今年5月には自己最高となる世界ランク54位を記録している。

3人目のツアー初制覇者は5月21日から27日まで開催されたリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)でのフィス。当時18歳のフィスはワイルドカード(主催者推薦)で出場した青年だったが、F・オジェ アリアシム(カナダ)やB・ナカシマ(アメリカ)、ジャン・ジジェン(中国)らを下し決勝に進むと、最後はF・セルンドロ(アルゼンチン)をストレートで撃破。母国フランスの観客の後押しを背に、勢いを持ってタイトルを手にした。その後もツアー大会で1度の準優勝と3度のベスト4を経験し、世界ランクも36位にまで上昇させている。

4人目は6月24日から7月1日まで行われたマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)を制したC・ユーバンクス(アメリカ)。27歳だったユーバンクスはシェルトンやA・リンデルクネシュ(フランス)、L・ハリス(南アフリカ)を下し決勝進出を果たすと、最後はA・マナリノ(フランス)を破りトロフィーを獲得。芝サーフェスでの感覚を手にしたユーバンクスは続くウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でC・ノリー(イギリス)、S・チチパス(ギリシャ)らを破る快進撃を見せベスト8入りを果たしている。

5人目は7月17日から23日にかけて開催されたEFG スイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)で優勝したP・カチーン(アルゼンチン)。28歳と名の中では最年長でのツアー初制覇となったカチーンはこの大会、1回戦でダニエル太郎、2回戦で第1シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を下すと、最後はA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をフルセットで破った。優勝が決まった直後にはその場で倒れ込み感情を爆発させている。

最後の6人目は10月16日から22日まで行われた木下グループ ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス(日本/東京、ハード、ATP500)で優勝を飾った21歳のシェルトンだ。6名のなかで唯一「ATP500」を制しており、左利きのビッグサーバーであるシェルトンはツアー屈しのスピードを誇るコートとされるジャパンオープン会場と相性が良かった。ダニエルやJ・トンプソン(オーストラリア)、T・ポール(アメリカ)M・ギロン(アメリカ)、カラツェフを破って優勝を果たし、現在世界ランクは17位を記録。現時点では6名のなかで最高位の初優勝選手となっている。

ATPツアーの2024年シーズンは今月29日の国別対抗戦ユナイテッドカップ(オーストラリア/パース/シドニー、ハード)からスタート。通常のトーナメント形式のツアーは31日開幕のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)となっている。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル