top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【新日本】HENAREが石井真っ向粉砕 帝国軍が意地の勝ち越しフィニッシュ

プロレス/格闘技DX

【新日本】HENAREが石井真っ向粉砕 帝国軍が意地の勝ち越しフィニッシュ(C)プロレス/格闘技DX

『レック Presents WORLD TAG LEAGUE 2023』佐賀・唐津市文化体育館(2023年12月6日)
Aブロック公式戦 ◯HENARE&グレート-O-カーンvs矢野通&石井智宏×

 HENAREがWORLD TAG LEAGUE(WTL)最終公式戦で石井を真っ向粉砕。“特別な相手”のブロック突破を阻んだ。

 オーカーンとHENAREの“UNITED EMPIRE”(帝国軍)コンビは、ここまで3勝3敗。4勝2敗でブロック突破の可能性を残す矢野&石井組を相手に最終公式戦に臨んだ。

 のっけからHENAREは石井とバチバチに火花を散らす。中盤に向き合って再び燃え上がり、石井が強烈なバックドロップを見舞えば、HENAREもカウンターのバーサーカーボムで譲らず。さらにはHENAREが上段後ろ回し蹴りを放っても、倒れない石井はラリアットで返礼し、ならばとHENAREもカウンターの飛びヒザ蹴りをぶっ放して場内も熱を帯びた。

 それでも石井は立ち上がって突進したものの、HENAREもカウンターのランペイジで迎撃。ゴツッ!とノーハンド頭突きをアゴに叩き込むと、必殺Streets of Rageで仕留めにかかる。

 かろうじて着地した石井も、逆に延髄斬りをズバリ。続けざまに助走十分のラリアットをクリーンヒットさせると、垂直落下式ブレーンバスターでねじ伏せにかかった。

 だが、飛び込んだオーカーンが阻止。逆に地獄突きで石井を黙らせると、ヘナーレとの合体ホイップ式パワーボムを敢行。矢野がカットに入っても、立て続けの合体カッターで排除だ。なおも雄叫びを上げる石井を、オーカーンがカウンターの正拳突きで黙らせると、HENAREは間髪入れずにサッカーボールキックを叩き込む。そして今度こそのStreets of Rageを成功させて、石井から完璧な3カウントを奪った。

 帝国軍が意地の勝ち越しフィニッシュ。HENAREが石井を真っ向から粉砕し、同時にブロック突破の野望も粉砕した形となった。

 HENAREは「イシイ、お前は俺に与えた。多くのものを与えてくれた。俺は今それを返しているところだ。お前は俺にその全ての力、強さ、エネルギー、ヤマトダマシイを与えてくれた。あの時お前が俺に与えてくれたんだ。イシイ、それをお前に見せる」と“特別な相手”からの勝利を噛み締めた。

 同時に「お前は今日(NEVER6人タッグの)ベルトを持ってこなかった。このタッグリーグにベルトを持ってきていないのを知ってる。なぜだ? あのベルトを誇りに思っていないからだろう。あのベルトをもたらしたのは自分のパートナーたちだと思っているからだ」と問題提起。そのうえで「俺には分からない。だが、お前は俺から目を離した。大きな間違いだ。いずれケツを噛まれることになる。何度も何度もな」と意味深に“忠告”した。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル