top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

〝福岡の観光資源〟屋台の福岡市内における経済波及効果は約105億円

フクリパ

全国初となる屋台基本条例を福岡市が制定して10周年となる今年・2023年、福岡市経済観光文化局は、「屋台の経済波及効果100億円を突破!」ということを発表しました。〝屋台の経済波及効果〟の中身について今回、解き明かしていきます。

福岡市の屋台での利用者は年間119万人、年間売上23億円

引用:福岡市発表資料(「屋台基本条例から10年 屋台の経済波及効果100億円を突破!」)

2023年11月現在の屋台数105軒(2011年時150軒)、1日1軒あたり利用者数45人(同30人)、年間の屋台利用者119万人(同116万人)、1人1回あたり屋台内消費額1,923円(同1,500円)、屋台全軒の年間売上高は22.9億円(同17.3億円)━━。

 

今年・2023年は、全国初となる屋台基本条例を福岡市が制定して、10周年となる。2023年11月における屋台の軒数は、2011年調査時点から減って105軒となったものの、1軒1日平均の利用者数や屋台内での1人あたりの飲食費が伸びた。
その結果として、年間の屋台利用者数は前回を上回り、屋台全軒の年間売上高も前回比32.4%増の22.9億円、経済波及効果においても同97.2%増の104.9億円という大きな伸びを示している。

広告の後にも続きます

 

 

福岡市屋台基本条例には、「(屋台が)福岡のまちににぎわいや人々の交流の場を創出し、観光資源としての効用を有している」と記す。
屋台条例を制定してからの10年間における取り組みについて、定量的に検証する目的で福岡市経済観光文化局が実施した経済波及効果の推計によると、〝屋台の効能〟が明らかになった。

 

 

経済波及効果で粗付加価値額52.8億円、就業者誘発数551人

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル