top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『いちばんすきな花』大学時代の美鳥役で出口夏希が出演 片岡凜が高校時代のゆくえ役に

Real Sound

『いちばんすきな花』©︎フジテレビ

 毎週木曜22時よりフジテレビ系で放送中の木曜劇場『いちばんすきな花』に、出口夏希と片岡凜が出演することが決定した。

参考:森七菜&出口夏希、同い年の2人が語り合う 『舞妓さんちのまかないさん』で得た信頼関係

 本作は、多部未華子、松下洸平、今田美桜、神尾楓珠の4人が主演を務める、新しい形の“クアトロ主演”ドラマ。『silent』(フジテレビ系)でプロデュースを務めた村瀬健と脚本家・生方美久が再びタッグを組み、“男女の間に友情は成立するのか”をテーマに、違う人生を歩んできた4人の男女が紡ぎ出す“友情”と“恋愛”、そしてそこで生まれるそのどちらとも違う“感情”を描いていく。

 出口が演じるのは、大学生時代の志木美鳥。美鳥は、初回放送から、その名前だけが登場し、第7話にて田中麗奈が演じることが分かり大きな反響を呼んだ。16年前、ゆくえが高校3年生だった頃に通っていた進学塾の先生をしていた美鳥。当時のゆくえが知っている美鳥はいつもニコニコしていて明るい存在だったが、塾のみんなからは嫌われていた。そして現在、塾の先生として働くゆくえ(多部未華子)が、教え子・望月希子(白鳥玉季)にかけた「よそはよそ。うちはうち」という言葉が、実は美鳥の言葉でもあったりするなど、ゆくえの人生にとってもとても大きな存在となっている。しかし、そんな美鳥にとって、大学生時代は周囲には明かせない大きな悩みを抱えていたようで……。

 「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」で大賞を受賞しドラマ化された『ココア』(フジテレビ系)でテレビドラマ初出演を果たし、『舞妓さんちのまかないさん』(Netflix)では森七菜とW主演を務めた出口。2024年1月期放送の永野芽郁主演ドラマ『君が心をくれたから』で 月9デビューを果たすことも決まっている。そんな出口にとって木曜劇場への出演は、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年7月期/フジテレビ系)以来3年ぶりとなる。

広告の後にも続きます

 そんな出口演じる大学生時代の美鳥の塾の教え子“高校生”のゆくえ役を片岡が演じる。ゆくえは高校時代から“友達”という存在に関して悩むことが多く、塾が終わった後、美鳥に相談することも……。なお、片岡にとってフジテレビ系連続ドラマへの出演は本作が初となる。

コメント

■出口夏希

台本を読ませていただいて、一つ一つの言葉にいろいろな意味が含まれていて、美鳥の今まで抱えてきたものが何気ない一言で見えてくるようなとても大事なポイントとなる役どころでした。『いちばん好きな花』の世界観を壊さないように、演じさせていただいた20歳の美鳥の抱えるものや、その当時のゆくえに対して与える影響を繊細に表現できるように頑張りたいと思います! 私も一視聴者として今後の展開を楽しみにしています!

■片岡凜

お話をいただきとてもうれしかったです。台本を読んで、潮ゆくえという人物は彼女の学生時代の経験や感情が大人になってもそのままベースとしてどこか常に置かれているような印象を受けました。役を演じる上で、多部未華子さん演じる潮ゆくえの仕草やしゃべり方の特徴、雰囲気をつかみながら、彼女が信頼できる人に見せる力の抜けた心地よさをお見せしようと表現しました。皆さま、9話ぜひご覧ください!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル