top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

波瑠、『グレイトギフト』に検査技師役で出演決定 反町隆史と凸凹ならぬ“凸凸コンビ”に

Real Sound

『グレイトギフト』©テレビ朝日

 反町隆史が主演を務める2024年1月期のテレビ朝日系木曜ドラマ『グレイトギフト』に波瑠が出演することが決定した。

 参考:【写真】波瑠 インタビューカット(複数あり)

 本作は、完全犯罪の殺人を可能にする未知の殺人球菌「ギフト」をめぐる“サバイバル医療ミステリー”。『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)、『マイファミリー』(TBS系)などの脚本を手がける黒岩勉の完全オリジナル作品で、反町が木曜ドラマ初主演を務める。

 舞台は大学病院。ある患者の不審死をきっかけに、うだつの上がらない病理医・藤巻達臣(反町隆史)が発見した未知の殺人球菌「ギフト」。この球菌が体内に侵入すると、まもなく患者は死亡。その後、球菌は完全消滅し、死因は急性心不全としか診断できなくなる。つまり、“完全犯罪の殺人”を可能にする、世にも恐ろしい球菌だった。

 波瑠が演じるのは、藤巻も一目置くほど冷静沈着で優秀な検査技師・久留米穂希。彼女は院内で発生した謎の不審死に疑問を持ち、その原因と思われる殺人球菌「ギフト」を発見した藤巻と共闘関係を結ぶことに。共に、想像を絶する巨大な闇に立ち向かっていく。

広告の後にも続きます

 合理的すぎて、周囲とはかけ離れた感覚の言動も目出つ“変人”の久留米。やがて震撼の連続殺人を生み出すことになる球菌を院内に持ち込んだ真犯人を突き止めるべく、人とのコミュニケーションが苦手な変人でもある藤巻に接近するも、その真意は謎めいていた。

 そんな重要キャラクターを演じるにあたり、波瑠は「久留米は掘り下げがいのある“朗らかな変人”(笑)。彼女は同じく変人要素を持つ藤巻さんと、凸凹ならぬ凸凸コンビとなっていくのですが、これが未知数だからこそ楽しみ! どんなコンビになったら面白いか、反町さんと相談しながら開拓していきたいです」とコメント。「反町さんは座長のお手本のような方。私もこれから1クール、安心して撮影に臨めそうです」と語った。

 また、12月7日21時から放送される『ゆりあ先生の赤い糸』(テレビ朝日系)第8話では、『グレイトギフト』の15秒PR映像が初公開される。

■波瑠 コメント

脚本を読んだ感想

病院を舞台にした権力争いなど、男性軸で重厚感に満ちた骨太なドラマが展開されているなと思いました。と同時に、女性はちょっと蚊帳の外だな、と。正直なところ、ちょっと悔しかったです(笑)。ですが、そんな個人的な感想を凌駕するほど、脚本が本当に面白くて……! 私が演じる久留米が、女性の視聴者さんにも楽しんでいただけるような橋渡し的なポジションになれたらいいなと思いました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル