top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

灯橙(とうだい)あかの楽曲制作過程を紐解き、duoライブにかける想いもたっぷりと語ってもらった

DI:GA ONLINE

 初の弾き語りワンマンツアー『ひとえまぶたに降る光』を完走したシンガソングライター・灯橙あか。10月10日(水)にリリースした1年ぶりの新曲「今夜、死にたいと思った。だから、歌いたいと願った。」も披露され、多くの観客を魅了した。さらに2024年1月13日(土)には、渋谷・duo MUSIC EXCHANGEにてバンドスタイルでのワンマンライブ『あのバス停で春を待つ』も開催決定。そこで、DI:GA ONLINEでは活動を本格化させた彼女の解像度を高めるべく、インタビューを実施。弾き語りワンマンツアーやduo公演について、そして灯橙自身についてたっぷり語ってもらった。

——まずは弾き語りワンマンツアーの完走、おめでとうございます。振り返ってみていかがでしたか?
灯橙あか灯橙あか(以下、灯橙):初めてのことだらけのツアーでした。弾き語りで2時間ライブをやるのも初めてでしたし、終演後に物販に立たせていただくのも初めてで。ツアーが決まった直後は「大丈夫かな……」と不安に思っていたのですが、やってみたらお客さんからすごく元気をいただけました。私が皆さんに元気をあげるというより、皆さんから元気をもらえたライブだったと思います。
──演奏中、お客さんの表情も見えていそうでしたね。
灯橙ステージと客席の距離が近かったので、かなり見えていました。演奏しながら、どんな風に聴いてくれているのかなって思ったり。あの方は染み入るように聴いてるな、こっちの方は横に揺れながら聴いてる、あそこの方はめっちゃ飲んでるな、って思いながら演奏していましたね(笑)。
──その中で披露された「今夜、死にたいと思った。だから、歌いたいと願った。」は1年ぶりにリリースした新曲です。MCでは「1年間曲をリリースしないことがメンタルにきた」とお話されていました。
灯橙しんどかったですね。今の事務所に入る前は、フリーランスという形でほぼ1人で活動していました。なので、自分で何でもやらなければいけないし、間を開けちゃいけないと思っていたんですね。MVも月1本出していましたし、その音や映像のプロデュースも全部自分でしてました。その感覚からすると1年間リリースしないということが、すごく開いているように感じてしまって。もちろん、たくさんの方に協力していただいて、規模が大きくなっているからこそ、ステージが上っているからこその期間だったと思うのですが、今までの活動スタイルと違いすぎて焦りもあったり不安も大きかったりで。なかなか慣れませんでした。
──その期間に抱えていた不安はどう消化されたのでしょうか。
灯橙それが、消化できていないんですよね(笑)。去年まではしんどいことがあった時に誰かに相談していたんですけど、それをやっているとこの先本当に1人になった時に耐えられないなって思うようになって。仲の良い友だちだってその人の生活がありますから。だから、今年は1人で頑張ってみる、1人で耐えてみるということをやる年にしたんです。電話もしない、誰にも話さない、ただ己と向き合う、ということを頑張っている真っ最中です。
──それはすごい……! 少しずつ自分一人でもできる解決策が見えてきたりも?
灯橙解決策はまだわからないのですが、単純に悩む時間が短くなってきました。「長く悩んでも行き着くところは結局一緒やから、悩んでも仕方ないよね」と思えるようになったというか。切り替えが早くなってきました。
——なるほど。この曲は「どんな時に消えたいと思うか」を考えて作ったとも仰っていましたが、制作経緯を改めて教えてください。
灯橙小説の主題歌だったので、まずは頂いたその小説を読み込みました。その上でノートに主要登場人物5人の絵を描いて、各人の感情を書き出して共通点を探していきました。それに加えて、その小説を自分が読んでどう感じたか、自分がどんな時に「死にたい」、「消えたい」と思うかを書き出して。それらすべてに共通する部分を抽出していく作業をしていきましたね。
──その「共通する部分」とは何だったのでしょうか。
灯橙ひと言で言い表すのが難しいのですが、「これさえあれば『死にたい』、『消えたい』という思いを乗り越えられるよね」というものが誰しもある、ということでしょうか。「これさえあれば」が人それぞれ違うだけで、みんな持っているよね、という。
──なるほど。それはいわゆる楽曲のテーマの部分かと思うのですが、作詞作曲はどう進めていったのでしょうか。
灯橙アップテンポの楽曲にしたいと思っていたので、アップテンポの曲をいろいろ勉強しながら制作を進めていきました。タイトルも印象的だと言っていただけるのですが、実はこれ、小説の仮タイトルだったんです。小説の方は最終的にタイトルが変更になったのですが、すごくパンチのあるタイトルだったので曲の方で使わせていただくことにしました。
──楽曲制作の前にすでにタイトルがあったのですね。たしかにパンチがあるタイトル名なので、引っ張られてしまうこともありそうです。
灯橙引っ張られそうだったので、すごく気をつけました(笑)。曲を聴く方もこの言葉に引っ張られるかもしれないので、「死にたい」という言葉にフォーカスしすぎないような言葉選びをしたり、全体の雰囲気に気を使ったり。
──具体的にはどんな作業をするのですか?
灯橙まずテンポと楽曲の雰囲気ですね。「死にたい」という言葉に引っ張られてしまうと重めのサウンドでゆったりめのバラードにしたくなってしまうのですが、サラッと聴けるようにアップテンポにしました。コードも明るめのものでまとめています。あとは歌詞。冒頭で1度タイトル名を言っていますが、その後は1回も「死にたい」というワードを出していなくて。段々前向きになっていく歌詞の流れにしています。
──普段の制作と流れが違っていそうですね。
灯橙そうですね、全然違いました。ただ、新しい発見もあって。私の楽曲、特に活動初期の頃の楽曲は、暗い曲は暗いままであまり光が差さないまま終わっていく事が多かったんです。でも今回意図的に光を差す方向に持っていったことで、それも悪くないと思えました。今後は、もうちょっと光が差す曲を作ってみようかな、と(笑)。

バンドスタイルでのワンマンライブで注目してほしいこととは?

──気付きがあったわけですね。そして、1月にはバンドスタイルでのワンマンライブ『あのバス停で春を待つ』が開催されます。
灯橙はい。今、徐々にアーティストとしてのステージが上っていると感じていて、制作環境が変わったり、自分が行きたい場所への距離感が掴めてきたりしています。それによって、もっと前を向いて活動をしていきたいと気持ちが強くなってきていて。日の当たるところに行きたいな、もっとみんなに見てもらいたいという思いが強くなっているんです。その前向きさや、「頑張るぞ」という決意をみんなに伝えられるライブにしたいと思っています。
──前向きに気持ちが変化したきっかけが何かあったのでしょうか。
灯橙何か大きな出来事があったというわけではないのですが、フェーズが上っていくにつれて「アーティストとしてこうあるべきだ」という考えがより具体的になってきたことがきっかけだと思います。先程も言ったように、この1年間、周りに依存せずに自分の声に耳を傾け続けてきたことで、自分自身がわかってきたことも大きいかもしれませんね。
──ある種の覚悟が見えるライブになるのかもしれませんね。現段階はどんな準備をされているのでしょうか。
灯橙4つSNSを動かしているのですが、毎日duo公演のリンクを貼り付けるという、泥臭い作業ばかりしています(笑)。「もうわかってるやろうな」と思いつつ、「来てね」という思いを書いてみたり。今は地道な作業をして、1人でも多くの方に届ける準備をしているところですね。
──バンドスタイルでのライブだからこその注目ポイントもありそうです。
灯橙そもそも私は楽曲を作る時に、弾き語りかバンドで演奏するかを考えて作っているんですね。なので、duoにはバンドで映える曲を持っていきます。クオリティ的に間違いないと思いますし、バンドだからこそ一緒に楽しめるライブにしたいです。
──楽しみです。ではここから灯橙さんご自身についてもお伺いさせてください。まず、音楽のバックグラウンドから教えてください。
灯橙明確に「歌手になりたい」と思ったのは、小学校4年生の時。絢香さんの「三日月」に出会ったことがきっかけですね。それまでは曲を聴いても何も考えずに歌っていただけだったのですが、「三日月」を聴いた瞬間に「どういう歌詞なんだろう。こういう曲を私も歌いたいな」と思って。それが段々「こういう曲を作りたい」に発展していきました。それでおもちゃのボイスレコーダーを買ってもらって、思いついたメロディーを録音し始めたり、親戚にめちゃめちゃ古いギターを譲ってもらって弾き始めたりするようになりました。
──独学でですか?
灯橙独学です。
──挫折しなかったのが素晴らしいですね。
灯橙ギターに関して言えば、挫折したかもしれません(笑)。ギターを弾きながら歌うシンガソングライターではなく、絢香さんみたいなボーカリストになりたいと思っていたので、作曲の過程で使えれば良いくらいに思っていたんですよ。だからギターへのモチベーションはそんなに高くなくて、弾いていない時期もかなりありました。中学の時にオーディションを受けて受かったのですが、養成所への入学金がすごく高くて。これは無理だと諦めて普通に高校に進学しました。高校を卒業したら本格的に音楽の道を目指そうと思っていたのですが、通っていた高校が進学校だったんですね。なので進路相談で音楽がしたいと言っても全く歓迎されず…、大学に行ってからようやく動き始めました。
──それから活動を続けて今に至る、と。それにしても小学校4年生で「曲を作りたい」と思えるのがすごいですね。
灯橙絵を描くこともそうなのですが、多分ゼロから何かを作ることが好きなんです。なので小学校5年生くらいから作詞のマネごとみたいなことをしていましたね。
──楽曲制作をする上で大切にしていることはありますか?
灯橙曲を自分から離して客観的に見ることです。できあがった後に必ずやるのが少しだけ時間を置くこと。離れて眺めてみて、自分本位になりすぎていないかチェックするんです。聴いてくれる人、応援してくれる人がいると認識するようになってからは、必ずやるようにしています。
──「今曲が作りたい」と思うタイミングはどんな時に降ってきやすいのですか?
灯橙すごく困るのは、メロディーがぐるぐる頭の中を巡って眠れない時かな。
──天才型……!
灯橙そんなことないです(笑)! でもそういうことが結構あるんですよ。そうなってしまった時はとりあえず起きて、レコーダーにメロディーを入れて、ギターを触って、アイデアを出し切ってやっと眠れる、みたいな。あとは電車で書き溜めていた歌詞を眺めている時にも「この歌詞いいやん。早く帰って曲作りたい」と思うことがあります。
──日常の中で降ってくるパターンが多いのですね。では最後に、このインタビューを機に灯橙さんを知った方へ、自分の推しポイントのアピールをお願いします。
灯橙誰しも落ち込むときってあると思うんです。どうしようもない時、どうすればいいかわからない時、誰にも頼れない時なら、絶対味方になれると思います。「どん底から抜け出すきっかけになれますよ」というのは推しポイントかもしれないです。それを確かめるためにも、ぜひduo公演にきてください!
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル