top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

Googleが2023年のアプリ開発者支援の取り組みをアップデート

ガジェット通信

Googleは12月4日、Google Playで人気を集めたアプリやゲームを紹介する「Google Play ベスト オブ 2023」の表彰式に合わせてプレス向け説明会を開催。Google Play Partnerships ヴァイス プレジデントのパニマ・コチカー氏が、2023年のアプリ開発者支援の取り組みをアップデートしました。

開発者ビジネス全体をサポート

映画や電子書籍などコンテンツのオンラインストアであると同時に、アプリ開発者がグローバルのユーザーにアプリを配布するアプリマーケットでもあるGoogle Play。シンプルでセキュアなレビューを通過して承認されれば、世界190か国以上の数十億のユーザーにリーチ可能。アプリのリリースからユーザーの発掘と獲得、ユーザーのエンゲージメントの獲得、収益化まで開発者ビジネス全体を通してサポートし、信頼と安全性を担保するプラットフォームとして開発者に利用されています。

日本では2023年、3万5000人の開発者がGoogle Playで初めてアプリやゲームを公開したとのこと。

開発者を支援するツールも用意しています。言語をローカライズする機械翻訳ツールの他、市場ごとにアプリの見せ方をカスタマイズすることで、その地域のユーザーにアプリを理解しやすくするAIツールの提供を開始しました。AIツールは現在、英語版のみを提供中。

アプリユーザーのロイヤリティプログラムとして仕組みを提供している「Play Points」は、現在1億人以上のアクティブな会員を擁しているとのこと。

マルチデバイス対応でエンゲージメントを促進

広告の後にも続きます

スマートフォンだけでなく、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイス、タブレットといったマルチデバイスに対応することで、ユーザーのエンゲージメントを促進すると解説。利用できるデバイスの台数が増えるごとにゲームのプレイ時間が240%増加したり、アプリの滞在時間が300%増えるという事例を紹介しました。

2023年春には、AndroidアプリのゲームをWindowsにインストールして遊べる「PC版 Google Play Games」の提供を開始しています。モバイル版単体で遊ぶユーザーと比べて、PC版も遊ぶユーザーはプレイ時間が50%伸びる結果が出ているとのこと。

マルチデバイスでの利用が進むことを背景に、Google Play ベスト オブ 2023でもタブレット部門やChromebook部門に加えて、ウェアラブル部門やマルチデバイス部門、PC 版 Google Play Games 部門が新設されています。

開発者のストーリーを伝える「#WeArePlay」

7月に日本版が公開された「#WeArePlay」も紹介されました。Google Playに参加するモバイルアプリ開発者やゲーム開発者のストーリーにスポットライトを当てて紹介するキャンペーン。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル