top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『MANGA 甲子園』12月7日より配信!加藤浩次「恋愛は邪魔(笑)」

ジェイタメ

ドコモの、映像配信サービス「Lemino(R)」にて、2023年12月7日(木)正午からLeminoオリジナルリアリティショー「MANGA甲子園」を配信する。

本番組は、令和の“トキワ荘”を舞台に、プロの漫画家を目指す10代・20代の若者6名が2ヶ月間の共同生活を送りながら、現役の現役人気漫画家から出題される課題に挑戦していくリアリティ番組だ。
漫画家デビューという同じ「夢」を志す若者たちが、時に励まし合い、時に衝突しながら人間として成長していく姿を描いた作品は、既存の恋愛リアリティ番組にはない、新たな「ヒューマンドラマ」としての魅力を味わえるものとなっている。

プロの漫画家を目指す若き男女を見守るのは、漫画好きで知れる三浦翔平と髙橋ひかる。
2人のMCに加え、今回スペシャルサポーターとして加藤浩次も出演する。
番組の配信開始に先立ち、三浦翔平、髙橋ひかる、加藤浩次へのインタビューを実施した。

Q.本日の番組収録を終えた感想を教えてください。
三浦:すごく面白かったです。生放送も楽しみですね!
一体、誰が漫画家デビューするのか。もちろん1位になれなかったとしても、きっと未来の漫画界で活躍する人も出てくるだろうなと思う方たちがたくさんいたので、非常に内容の濃い番組でした。

髙橋:私は表現する仕事をしていますが、参加者6人全員がそれぞれ別の角度で真剣に漫画と向き合っている姿にすごく刺激をもらいました。やっぱり、頑張り方は1つじゃないんだなと。何事も真面目に取り組む姿を見て、「努力は必ずしも報われないけど、努力して頑張ることが大事」というのを実感できたと思います。

広告の後にも続きます

加藤:僕はリアリティ番組を観るのが好きなんですが、その中でも「MANGA甲子園」は飛び抜けて面白かったですね!恋愛リアリティもいいけど、なんかくだらないというか(笑)。今回は漫画家デビューという、自分の人生がかかったリアリティ番組だったので、全然違う面白さを味わえました。

Q.番組からオファーがあった時、どのように思いましたか?
三浦:昔から漫画は好きでしたが、漫画家志望の若者たちが令和の“トキワ荘”で共同生活を送るというのは、面白い取り組みだと感じましたね。

髙橋:私と同年代くらいの若い方たちは多感で、人間として成長していく大事な時期だと思うんですけど、2ヶ月にわたって共同生活を送る経験って、部活動以外ではあまりないじゃないですか。だから、お互いに切磋琢磨できる環境を作るという番組を企画するのは素敵なことですし、それに出演させていただけたのはとても光栄でした。

Q.特に印象に残っている場面はありますか?差支えのない範囲で教えてください。
三浦:印象的な場面は沢山ありました。僕は個人的に「るらりーな」の葛藤の中で人間的に成長していく姿が印象に残っています。

髙橋:みんな嘘じゃなくて、本当に令和の“トキワ荘”で生きているというか。逃げ出しちゃう子もいれば、人を好きになっちゃったり、ひたすらみんなと向き合って、一緒に成長していく子もいたりと、人それぞれ変化していく様子が作品に反映されていくのが、観ていてゾクゾクしました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル