top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

〈ヨルノヨ2023〉⼤さん橋は絶対に行くべき! 街の光がシンクロする音と光のスペクタルショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」を一望

マガジンサミット

横浜都⼼臨海部では、イルミネーションイベント「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」(以下「ヨルノヨ2023」)が、2024年1⽉4⽇(⽊)まで開催中。

見どころは「横浜港⼤さん橋国際客船ターミナル」での⼤規模なプロジェクションマッピング「Yターミナル」や新港中央広場の国内最⼤級100m超のプロジェクションマッピング「Yキューブ」、そして過去最大となる40施設が参加し、街全体が光と⾳楽にあわせて躍動するスペクタクルショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」、⼭下公園全域で展開するイルミネーション「イルミーヌ・ヨコハマ」など。

新港中央広場のインタラクティブ・プロジェクションマッピング「Yキューブ」。

今年は「巡り、出会い、混ざる」がテーマ。港街らしく、さまざま人やモノでにぎわう、光り輝く横浜臨海部と“ヨルノヨエリア”を歩いてみました。

街が一体となり躍動する音と光のショーを体感

この時期は「ヨルノヨ2023」のみならず、横浜駅東口からグランモール公園までのイルミネーション「ヨコハマミライト 2023」や赤レンガパーク「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」なども開催されているため、横浜駅から臨海部にかけてどこもキラキラと美しく輝き、歩くだけでもワクワクします。

そのようななか、特に編集部がおススメしたいのが「横浜港⼤さん橋国際客船ターミナル」。商業施設が並ぶエリアからはやや離れて海につきでている大さん橋エリアですが、実は超穴場!

広告の後にも続きます

30分に1回ずつ5分間流れる「横浜市歌」をアレンジした楽曲とオリジナル曲「PixelHarp」に連動して街の光が動く、「ヨルノヨ2023」の最大のショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」を見渡せる絶好の立地なのです。

今年は「コスモクロック21」をはじめ、水際線や歴史的建造物、ビル群などな過去最⼤40施設が参加しており、施設ごとに3拍子や5拍子などのリズムを割り振られた光が、ポリリズムの曲調にあわせてバラバラに動きつつ、シンクロしたように重なります。

これは、それぞれの施設の歴史や働いている人々、エリアの物語、多様性などを表し、海と陸、人と人、文化と異文化が出会う場所としての臨港エリア横浜を象徴した構成になっているそうです。レインボーの光とともに流れる横浜市歌は、ダンスミュージック調にアレンジされています。

この「ハイライト・オブ・ヨコハマ」の見事にシンクロした街の動きを見渡せるのが「大さん橋(大さん橋屋上広場)」。街中にいてはそのスケールの大きさは感じられません。ぜひ、横浜の街が一体となるダイナミックな光のショーを堪能してみてください。

さらに大さん橋のウッドデッキを覆う巨大なプロジェクションマッピング「Yターミナル」も見どころのひとつ。こちらはマッピングで空間の面白さを引き出すことをコンセプトに展開されるプログラムで、「ハイライト・オブ・ヨコハマ」とは違ったスケールの大きさに圧倒されます。

街の夜景を借景に、ウッドデッキ全体がプロジェクションマッピングでいっぱいになり、まるで光の波と宇宙に飲み込まれたようになります。これを体感しないなんて絶対もったいないですよ。

夜にあらわれる光の横浜とは?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル