top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「リーグ最高のアメリカ人選手」ピアースがセルティックスの“後輩”テイタムを絶賛!「KDもレブロンも超えている」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

「リーグ最高のアメリカ人選手」ピアースがセルティックスの“後輩”テイタムを絶賛!「KDもレブロンも超えている」<DUNKSHOOT>(C)THE DIGEST
 ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、オールスターに4年連続で出場するなど、今やリーグを代表するスター選手となった。フランチャイズOBのポール・ピアースとケビン・ガーネット(KG)も25歳の“後輩”に太鼓判を押している。

 2017年のNBAドラフトでマーケル・フルツ(現オーランド・マジック)、ロンゾ・ボール(現シカゴ・ブルズ)に次ぐ全体3位指名でセルティックスに入団したテイタムは、ルーキーイヤーからレギュラーの座を掴むと、3年目の2019-20シーズンに初めて平均20得点台に乗せ、オールスターにも4年連続で出場。

 昨季は自己ベストの平均30.1点を叩き出し、7年目の今季もここまで20試合に出場して平均27.6点、8.9リバウンド、4.2アシストとリーグ2位の勝率(75.0%/15勝5敗)を誇るチームを牽引している。

 セルティックスが最後に優勝した2007-08シーズンのメンバーで、殿堂入りも果たしているピアースは自身のX(旧ツイッター)に「テイタムは世界でベストのアメリカ人バスケットボール選手だ」と投稿。その後、『SHOWTIME Basketball』の人気ポッドキャスト番組『The Ticket and The Truth』に出演した際、より詳細を説明している。
 「今、リーグで最高のアメリカ人選手はジェイソン・テイタムだ。彼の成長、この数年で成し遂げたことを見るといい。過去2年連続でオールNBA1stチームに選出され、オールスターゲームで55得点した。昨年の(カンファレンス準決勝での)フィリー(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)戦でも50得点以上をあげている。

 KD(ケビン・デュラント/フェニックス・サンズ)を超えたと思う。現時点での比較なら、レブロン(ジェームズ/ロサンゼルス・レイカーズ)も超えているだろう。議論の余地があるとすれば、ステフ(ステフィン・カリー/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)だけだろう」

 ピアースの中で、現在の“NBA№1プレーヤー”は、昨季デンバー・ナゲッツを初優勝に導いたトリプルダブル製造機のニコラ・ヨキッチだという。ただ、アメリカ人選手に限れば、テイタムがトップに立つとピアースは見解を述べる。

「ジョーカー(ヨキッチ)が現時点で総合的なベストプレーヤーだ。だけど、アメリカ人選手に限ればジェイソン・テイタムがベストだ。ちなみに、現代NBAのアメリカ人トップ5はジェイソン・テイタム、ステフ・カリー、(デビン)ブッカー、レブロン、そしてKDだ」
  これには、セルティックスとブルックリン・ネッツで同僚だった殿堂入り選手のKGも、「彼(テイタム)は進化の別段階にいる。今の彼は過去に学んだことが反映されているように見える。疑いの余地はない。肉体も成熟の域に突入していて、すべてが実を結び始めている」と同調した。
  また、『ESPN』のザック・ロウ記者も自身のポッドキャスト『The Lowe Post』で「彼はキャリアで最もフィジカル的なインサイドバスケットボールをしている。センターでプレーしている気分だろうね。ステップバック3ポイントの誘惑に負けず、バスケットに向かっている。すごく上手いと思う。パスの質も良く、生産的で、より早くなった」とテイタムの成長ぶりを評価している。

 現地時間11月4日(日本時間5日)のネッツ戦でアントワン・ウォーカーを抜き、球団史上最年少記録となる25歳246日でキャリア通算1万得点に到達したテイタム。まだ伸びしろは十分なほど残されている。

構成●ダンクシュート編集部

セルティックスの主砲テイタムが優勝を逃し続けている近年の状況に危機感「あまり多くの時間はない」<DUNKSHOOT> 

「自分の役割を受け入れすぎた」元ドラ2のターナーがNBAキャリアを回想「プレーするために必要な“なにくそ魂”を失ったんだ」<DUNKSHOOT>

「これ以上何をしろって?」エンビード抜きでの大敗にマキシーが苛立ち爆発「俺が何点取ったか見てみろよ」<DUNKSHOOT>
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル