top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「その噂がどこから来たのかわからない」カブス編成本部長が大谷争奪戦“脱落”の報道を否定「報告することは何もない」

THE DIGEST

「その噂がどこから来たのかわからない」カブス編成本部長が大谷争奪戦“脱落”の報道を否定「報告することは何もない」(C)THE DIGEST
 今オフ最大の目玉、ロサンゼルス・エンジェルスからフリーエージェント(FA)となった大谷翔平の争奪戦を巡り、現地の情報が錯綜としている。
  現地12月5日、米メディア『USA Today』のボブ・ナイチンゲール記者は、自身のXを更新。「オオタニを獲得するというシカゴ・カブスの楽観的な見方は現在、かなり弱まっており、ロサンゼルス・ドジャース、トロント・ブルージェイズ、エンジェルス、サンフランシスコ・ジャイアンツが最終候補に残っている」と報じた。

 しかし、この報道を受けて同日、開催中のMLBウインターミーティングに参加しているカブスのジェド・ホイヤー編成本部長は、「その噂がどこから来たのかわからない」とすぐさま反応を示し、「報告することは何もない」と否定したという。MLB公式サイトのカブス担当、ジョーダン・バスティアン記者が報じている。

 また、「他のFAと同じように、話し合いやミーティング、あるいはその場所について話すつもりはない」と続ければ、「我々は他と同様、口を閉じておくだけだ」とのコメント。記事内では、「通常、オフシーズンの噂話に反応しないホイヤー氏だが、火曜日夕方のウインターミーティングは例外のようだ」などと、記述されていた。

 現地4日にウインターミーティングが開幕し、ますます報道合戦が熱を帯びているが、はたして今後はどんな展開が見られるか。白熱した争奪戦の行方から、目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】史上初の快挙多数!厳選写真で振り返る「大谷翔平2023年の軌跡」

【関連記事】大谷翔平との会談が理由?「スケジュールの都合だった」ブルージェイズGMがウインターミーティングのメディア会合をWEB参加に急遽変更

【関連記事】大谷翔平が「土曜にジャイアンツ」「月曜にブルージェイズ」の球団幹部と面談済みか「交渉は最終段階」と米メディア報道
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル