top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「ベイスターズは宮崎敏郎/牧秀悟/東克樹/伊勢大夢など生え抜きが育っている」山口俊が語るチームカラーの作り方【元 読売ジャイアンツ/巨人】

ラブすぽ

ベイスターズは宮崎敏郎/牧秀悟/東克樹/伊勢大夢など生え抜きが育っている」

2019年に在籍した読売ジャイアンツで15勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した山口俊氏。そのタイトルをひっさげ、2020年にメジャーリーグ、トロント・ブルージェイズに移籍。そのシーズンはリリーフとして17試合に登板し、2勝4敗1ホールド、防御率8.06という成績であった。

2021年シーズン途中で読売ジャイアンツに復帰。2022年シーズンをもって引退した山口俊氏。そのトークショーが2023年5月に開催された。

話題は、23年の横浜DeNAベイスターズの話に。

ベイスターズは生え抜きの選手たちがしっかり育ち、チームカラーを育成できていると語る。

山口俊氏は具体的な選手の名前までは挙げなかったが、例えば宮﨑敏郎選手や牧秀悟選手、投手では東克樹選手や伊勢大夢選手などが、チーム生え抜きで今季の活躍が目立っていた。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル