top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

志尊淳、トランスジェンダー男性に 杉咲花主演『52ヘルツのクジラたち』に出演決定!

シネマトゥデイ

志尊淳演じるトランスジェンダー男性の岡田安吾 – (C)2024「52 ヘルツのクジラたち」製作委員会

 『八日目の蝉』などの成島出監督が杉咲花を主演に迎え、本屋大賞受賞の傑作ベストセラー小説を映画化する『52ヘルツのクジラたち』(2024年3月1日公開)に、俳優の志尊淳がトランスジェンダー男性(生まれた時に割り当てられた性別が女性で、性自認が男性)役で出演することが発表された。

 本作は、作家・町田そのこ原作による、愛を欲し、誰にも届かない声で泣く孤独な魂たちの出会いが生む、切なる愛の物語。ある傷を抱え、東京から海辺の街の一軒家に移り住んできた三島貴瑚(杉咲)は、母親から虐待され「ムシ」と呼ばれる声を発することのできない少年と出会い、かつて彼女の声なきSOSを聴き救い出してくれた、今はもう会えないアンさんとの日々を呼び覚ます。

 志尊が演じるのは、貴瑚の声なきSOSを聴き、救い出そうとする“アンさん”こと岡田安吾(おかだ・あんご)。精神的にも肉体的にもギリギリの状態だった貴瑚と出会い、彼女を救い出そうと動き出す塾講師のトランスジェンダー男性だ。貴瑚の幸せを心から願い行動するが、自身もまた孤独な魂を抱えた役どころ。本作のオファーを受けて原作を手に取ったという志尊は、「一読者として夢中で一気に読みました。僕がアン(安吾)さんを演じることで、トランスジェンダーの方々を傷つけることにならないかと最初は不安でしたが、監督の覚悟を聞いて成島組の船に乗りたいと思いました」とその決意を語った。

 また、役柄については「本作に俳優としても出演していて、脚本の段階からトランスジェンダーをめぐる表現を監修いただいている若林佑真さんと、二人三脚でアンさんを作り上げていきました」と語り、トランスジェンダー男性の俳優として活躍する若林と相談しながら、真摯に役作りに向き合い、キャラクターを丁寧に作り上げたことを明かした。杉咲との共演については「アンさんを演じる中で、杉咲さん演じる貴瑚の全てを受け止めたいと臨み、クランクアップに際して、そうした関係を築けたことを実感しました」と振り返った。

志尊、成島監督のコメント全文は以下の通り。(高橋理久)

志尊淳(岡田安吾役)

広告の後にも続きます

お話をいただいて初めて原作を手に取りましたが、一読者として夢中になって一気に読みました。この本を映画化する社会的な意義を強く感じた一方、自分がアンさん(安吾)を演じることで、トランスジェンダーの方々を傷つけるようなことにならないかと最初は不安でしたが、監督の覚悟を聞いて成島組の船に乗りたいと思いました。
現場では、本作に俳優としても出演していて、脚本の段階からトランスジェンダーをめぐる表現を監修いただいている若林佑真さんと、二人三脚でアンさんを作り上げていきました。全シーン、全セリフ、すべてに一緒に向き合ってくれ、背中を押してくれたことで、安心して役に臨むことができましたし、僕も悔いがないようにこれ以上ないというところまで考え抜いて演じ切ることができたと思っています。
アンさんを演じる中で、杉咲さん演じる貴瑚の全てを受け止めたいと臨み、クランクアップに際して、そうした関係を築けたことを実感しました。僕の撮影最終日、貴瑚を大分に置いて帰れるか心配でしたが、たくましくなった貴瑚の姿を見て、全スタッフさんに「花ちゃんをよろしくお願いします」と伝えアップすることができました。

成島出監督

志尊さんが瑯壬生(ろうみお)役を演じた野田マップ「Q:A Night at the Kabuki」の初演と再演を二本とも拝見し、初演から再演にかけての素晴らしい成長にとても驚き、バックステージでどれだけ努力を積んでいる人なのかと注目してきました。
実際お会いしてみると、選ぶ言葉がとても的確でクレバーで信用できる俳優だと感じ、ぜひ彼にこそ、アンさんを演じてほしいと今回お願いするに至りました。
原作におけるアンさんは「アンパンマン」みたいな存在として表現されていますが、志尊さんの持つ温かな人柄も、まさにアンさんだと、撮影を通じ確信しました。

 
   

ランキング(映画)

ジャンル