top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

段田安則、三石琴乃ら大河ドラマ「光る君へ」4名のビジュアル一挙初公開

シネマトゥデイ

藤原道長の父・兼家役の段田安則。 – (C) NHK

 吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合・日曜午後8時~ほか)の公式X(旧Twitter)にて、藤原道長の家族ら4名のふん装ビジュアルが公開された。初回放送(15分拡大)は2024年1月7日より開始。

 大河ドラマ第63作となる本作は、千年の時を超えるベストセラー「源氏物語」を書きあげた紫式部を主人公に、きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く。大石静が脚本を手掛け、伊東敏恵アナウンサーが語りを担当する。

 今回公開されたのは、藤原道長(柄本佑)の父・兼家役の段田安則、道長の母・時姫役の三石琴乃、道長の異腹の兄・道綱役の上地雄輔、兼家の妾で道綱の母・寧子役の財前直見の姿。主人公のまひろ(紫式部)と特別な絆で結ばれることとなる道長の家族たちだ。

 それぞれのキャラクター詳細は以下の通り。(今井優)

藤原兼家(ふじわらのかねいえ)段田安則

道長の父。藤原氏の中でも、名門中の名門。権力を得て政治のトップに躍り出ようと画策する。いずれは天皇の外祖父となり、栄華を息子らに継がせようと作戦を練る。

時姫(ときひめ)三石琴乃

広告の後にも続きます

道長の母。兼家の嫡妻。出世街道を突き進む夫を支えつつ、とりわけ三兄弟の行く末を思い、見守っている。

藤原道綱(ふじわらのみちつな)上地雄輔

道長の異腹の兄。知性豊かな母を持つが、本人は一向に才に恵まれず、父の兼家からは、嫡妻の息子たちより格段に軽く扱われている。性格は明るくお人よしで、憎めないところもある。

藤原寧子(ふじわらのやすこ)財前直見

藤原兼家の妾。一人息子の道綱を溺愛している。和歌に長けており、兼家との日々を『蜻蛉日記』として残した、才色兼備の女性。まひろ(紫式部)も幼いころから、『蜻蛉日記』を読みこんでいる。

 
   

ランキング(映画)

ジャンル