top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ジョニー・デップ フランス国王史上最高の美男子&問題児に 「ジャンヌ・デュ・バリー」公開決定

映画スクエア

©︎Laurent Dailland

 今年のカンヌ国際映画祭オープニング作品に選出された、ジョニー・デップ出演最新作「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」が、2024年2月2日より劇場公開されることが決まった。

 「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」は、18世紀のフランス・ヴェルサイユの宮廷を舞台に、59年間にわたりフランス国王に在位したルイ15世の最後の公妾(愛人)となったデュ・バリー夫人ことジャンヌ・デュ・バリーの、波乱に満ちた生涯を描いた歴史エンタテイメント作。ジョニー・デップが演じたのは、フランス国王史上で最高の美男子にして問題児で、“最愛王”の異名をもつルイ15世。自身初の全編フランス語に挑んだ。

 貧しいお針子の私生児として生まれ、娼婦同然の生活を送っていたジャンヌは、類まれな美貌と知性で貴族の男たちを虜にし、社交界の階段を駆け上がっていく。ついにヴェルサイユ宮殿に足を踏み入れたジャンヌは、時の国王ルイ15世と対面を果たす。二人は瞬く間に恋に落ち、彼女は生きる活力を失くしていた国王の希望の光となっていく。そして、国王の公妾(公式の愛人)となったジャンヌだったが、労働階級の庶民が国王の愛人となるのはヴェルサイユのタブーで、マナーやルールを平気で無視するジャンヌは宮廷一の嫌われ者となってしまう。というストーリーが展開される。

 監督と脚本を手がけ、自ら主人公のジャンヌ・デュ・バリー役を演じたのは、「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」の監督として知られるマイウェン。7本目の監督作となった本作で、約20年前から制作を望んでいた「デュ・バリー夫人」の生涯の映画化を果たした。

©︎Stéphanie Branchu – Why Not Productions

【作品情報】
ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人
2024年2月2日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
配給:ロングライド
©️2023-WHY NOT PRODUCTIONS-FRANCE 2 CINEMA- FRANCE 3 CINEMA-LA PETITE REINE-IMPALA PRODUCTIONS

 
   

ランキング(映画)

ジャンル