top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『第65回 日本レコード大賞』JO1、imase、緑黄色社会、LIL LEAGUEらが受賞に喜び 当日への意気込みも

Real Sound

『第65回 日本レコード大賞』

 12月30日17時30分から『第65回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が、4時間半にわたり東京・新国立劇場から生放送される。それに先立ち、12月4日に受賞アーティストによる記者会見が行われ、優秀作品賞を受賞した市川由紀乃、imase、JO1、緑黄色社会、新人賞を受賞した木村徹二、FRUITS ZIPPER、僕が見たかった青空 、LIL LEAGUEが出席した。

(関連:imase、TikTok40億再生のヒット曲を作っても庶民派な価値観 「自分の生活水準を上げたくない」

 「サマータイムシンデレラ」で優秀作品賞を受賞した緑黄色社会の長屋晴子(Vo/Gt)は「光栄な賞をいただき、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。今後もこの賞を糧にしながら新しい気持ちで活動していけたらと思っております」とコメント。

 「Trigger」で同賞を受賞したJO1の與那城奨は「このような賞をいただき、本当にありがたく思っています。まだまだ精進していきますので、これからもよろしくお願いします」と感謝を口にした。

 「NIGHT DANCER」で受賞したimaseは「このような歴史ある『レコード大賞』の優秀作品賞に選んでいただきありがとうございます。これからもいい曲を作れるようにがんばっていきますので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。

広告の後にも続きます

 「花わずらい」で受賞した市川由紀乃は「初めて優秀作品賞がいただくことができて、光栄に思います。当日は感謝の思いを込めて歌わせていただきます」と話した。

 受賞を聞いた時の心境について、緑黄色社会の長屋は「このお話を聞いた時は、ちょうどリモートの会議をしている時だったんですけど、日本の電波が悪くなったのか、驚きすぎたのか、時が止まったような感じがしました。本当に憧れていた賞だったので嬉しくて。『サマータイムシンデレラ』という曲は、メンバー、スタッフ一丸となって、何度も何度も悩みながら作ったものだったので、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです」と語り、「今年何度もライブなどでパフォーマンスさせていただいた曲なので、今年1番の『サマータイムシンデレラ』を奏でられたら」と当日に向けて意気込んだ。JO1の與那城は「11人で仕事をしている時にこの話を聞いて、本当にみんな喜んで。本番は、パフォーマンスをぶちかましたいなと思います」と喜びを表した。

 また新人賞を受賞したFRUITS ZIPPERの鎮西寿々歌は「私たちは世界を超えて宇宙に元気と活力を届けるという“NEW KAWAII”を掲げているので、世界を“NEW KAWAII”で染めたいと思います!」とコメント。同じく新人賞の僕が見たかった青空の八木仁愛は「“僕空”に関わってくださる皆様に感謝の気持ちを込めて、今までで一番素敵なステージにできたら」と、当日のステージへの意気込みを語った。

 当日、レコード大賞や最優秀新人賞を受賞したら誰に報告をしたいかという質問に、演歌歌手の鳥羽一郎を父に持つ木村徹二は「真っ先に迷惑をかけ心配をかけた父と母。両親に1番に報告ができたら。親孝行に少しでもなれば」と答えた。LIL LEAGUEの難波碧空は「やはりまずは(所属事務所・LDH代表取締役社長の)HIROさん、そして家族にお伝えできればなと。アーティストとしても多くのことを学ばさせていただいてるHIROさんに直接ご報告ができたらと思っていて、まだまだ未熟な僕たちですが、今回賞というものをいただけて、何か少しでも恩返しができたらという思いがあります」とコメント。

 JO1の河野純喜は「1番に伝えたいのは事務所の社長とマネージャーさんとスタッフさん、会社の皆さんに伝えたいです。4年間JO1を一緒に歩いてきたので、みんなで喜びたいです!」とコメント。市川由紀乃は「歌手を辞めていた間に働いていた新宿 天ぷらつな八の店長に伝えたいです」と答え、記者たちの笑いを誘った。

 優秀作品賞には他に、新しい学校のリーダーズ「オトナブルー」、Mrs. GREEN APPLE「ケセラセラ」、Ado「唱」、純烈「だってめぐり逢えたんだ」、NewJeans「Ditto」、BE:FIRST「Mainstream」が選出。30日に大賞と最優秀新人賞が発表される。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル