top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

あわや乱闘寸前!「怖すぎる」「笑いながらキレてる…」激しい言い争いで一触即発→いきなりド突き合いのゴングが鳴る ヤバすぎるテンションの両チームがヒートアップ

ABEMA TIMES

【プレミアリーグ】マンチェスター・シティ3-3トッテナム(日本時間12月4日/エティハド・スタジアム)

【映像】突然はじまった乱闘騒ぎ

あわや乱闘騒ぎになるところだった。トッテナムDFウドジェがマンチェスター・シティMFフォーデンを背後から倒すと、主審はファウルとジャッジ。普通であればそのままリスタートという場面だったが、両チームの選手たちが言い合いに発展。その中心にいたロ・チェルソとアカンジがレフェリーに呼び出されて注意を受けた。

マンチェスター・シティが2-1とリードして迎えた57分、CBのマヌエル・アカンジからの縦パスを引き取ろうとしたフィル・フォーデンに対して、トッテナムDFデスティニー・ウドジェがしっかりとマーク。しかし、この寄せが強すぎたとして、イタリア代表DFのファウルがとられた。

普通であればマンチェスター・シティのリスタートで再開という場面だったが、両チームの選手たちがボールを中心に激しく言い争いを繰り広げた。特に激しかったのが、トッテナムMFジョバンニ・ロ・チェルソとマンチェスター・シティDFアカンジの両名で、互いに身体をぶつけ合って乱闘騒ぎ寸前の事態に発展していた。

広告の後にも続きます

このシーンを見たABEMA視聴者は「激しいな」「アカンジ怖すぎ」と反応。突如始まった乱闘未遂に注目していた。

これを受けてサイモン・フーパー主審は彼らを呼び出して厳重注意。何とかヒートアップした現場を収めて試合を再開させている。

(ABEMA/プレミアリーグ)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル