top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

あわや乱闘寸前!「おい、早く渡せや!」「触んなコラ」 ボールを急いで奪う→投げ飛ばして返り討ち 試合開始早々に起きた一触即発の事態にスタジアムが凍りついた瞬間

ABEMA TIMES

【プレミアリーグ】マンチェスター・シティ3-3トッテナム(日本時間12月4日/エティハド・スタジアム)

【映像】ボールを奪われブチギレ!投げ飛ばされる瞬間

同点弾の直後にあわや乱闘という場面があった。セットプレーからソン・フンミンのオウンゴールで追いついたマンチェスター・シティは、早く追加点を奪うべく、急いで自陣へと帰陣。その際に、トッテナム側が持っていたボールをルベン・ディアスが奪ってリスタートを急ぐ行為に出ると返り討ちにあい、投げ飛ばされてしまった。

マンチェスター・シティが0-1と追いかける展開で迎えた9分、絶好の位置でFKを獲得したホームチームは、フリアン・アルバレスのクロスからソン・フンミンのオウンゴールが生まれて同点に追いついた。

ホームのマンチェスター・シティからすれば、この試合は必勝だったこともあり、得点直後に同クラブの選手たちはリスタートを急いであっという間に帰陣。対するアウェイチームはゆっくりとそれぞれの持ち場に戻っていたため、マンチェスター・シティDFルベン・ディアスは、1秒でも早くリスタートのキックオフをするためにも、トッテナム側が持っていたボールを奪おうと試みた。

広告の後にも続きます

しかし、ボールの強奪のような行為に出れば返り討ちに合ってしまう。ポルトガル代表DFはボールを渡さないようにキープしたデヤン・クルゼフスキに投げ飛ばされてしまい、その後、両チームの選手たちが集結して顔を突き合わせる事態へと発展した。

この場面を見たABEMA視聴者は「ディアス何してんの?」「いきなり撃ち合いからの殴り合い?」「ハーランドすぐ駆けつけるw」などと反応。血の気が早い選手たちの様子を楽しんでいた。

幸いにも乱闘騒ぎに発展することはなかったが、両チームの気合の入り方が十分に伝わってくる場面だった。

(ABEMA/プレミアリーグ)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル