top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

離婚をしても幸せになれる人と、そうでない人の“決定的な違い”

女子SPA!

 こんにちは、コラムニストのおおしまりえです。

 熟年離婚がしたい。そう思っても、大きな決断に躊躇してしまう人も多いかもしれません。近年増えると言われる熟年離婚について、「したい」と思ったらどこから手をつければ良いのでしょう。

 前回に続き、熟年離婚の相談を多く受けており、自身も47歳で子連れ熟年離婚を経験しているカウンセラーの緒方リサコさんに、熟年離婚を考え始めたら、着手したいことを聞いていきました。

「離婚したい!」そう思ったらまず始めて欲しいこと

 離婚したい!と思っても、いわゆる熟年と呼ばれる年代の方々は整理すべきことも多く、なかなか決断できないケースもあると思います。緒方さんは実際にそういった相談者にどういったアドバイスをすることが多いのでしょうか。

「まずは『離婚したい』という気持ちを肯定した上で、『離婚した結果どうなっていきたいか』を一緒に整理していきます。相談者の方の中には、現実逃避の気持ちから、離婚を希望してくる方もいるからです。

 離婚したら、自分一人で生きていかなくてはいけません。経済的にも精神的にも言い訳ができなくなります。今までは自分のつらさを夫のせいにできていたものが、全部自分が背負わなくてはいけません。同情ももらえないし、責任も取らなくてはいけない。だからこそ『離婚は通過点』という事実を伝え、通過した自分はどうなりたいかを一緒に整理していきます」

“自分らしい幸せ”がわからない人もいる

 相談者の中には、「もう無理~」と、ただただ責任放棄したい気持ちが募るだけで、その先のプランが無い人も多いのだとか。しかしそれも、緒方さんは「世代特有の価値観も関係しているのでは」と考えます。

「離婚がただの現実逃避になっているのは良くありませんが、こうした他責思考に近い発想は、その世代の人にややありがちな価値観も関係しているように思います。

『熟年』と呼ばれる方々は、ほとんどがバブル(1980年代中盤頃)を経験している世代です。この頃は今と違い、『自分らしさ』の追求をしなくても、そこそこのレールが用意されていた時代でした。

 具体的には、大手企業に就職し、結婚して退職し、出産してマイホームや海外旅行などを手に入れることが、いわゆる“幸せのカタチ”として浸透していた時代です。今になって『自分らしい幸せとは』を問われても、今まで『世間が思う幸せのカタチ』を追い求めていたため、どうしたいかが分からないというのはしごく当然です」

 熟年における離婚は、今の自分を見つめ、そして離婚後の人生を想像するところから始めることが大切です。緒方さんは、多くの人が心配する経済面や生活面の問題は、その次に考えていけば良いといいます。

 人生は長いからこそ、自分を置いてきぼりにするのをやめることが、離婚による満足度を高めるための一歩というわけです。



自分の人生を始めるために、身につけたいこと

 不満の逃げ道として離婚を選択してはいけない。緒方さんはそう力説します。でも、いっぱいいっぱいな時は、目の前の不満解消に意識が向きがちです。

 こうした相談者の声には、具体的なアドバイスや導きとしてどういった問いかけをしていくのでしょう。

「先ほど『離婚した結果どうなっていきたいか』を考えてもらうと言いましたが、こうした問いかけをする目的は、離婚後も幸せになるためです。幸せになるためには、いわゆる“自分の機嫌は自分で取れる”ようになるなど、『心の自立』が必要になります。

 離婚に限らず、結局多くの問題は自分自身の考え方や感じ方が変わらないと、同じような問題を繰り返してしまいがちです。例えば、不倫略奪婚の離婚率が高いのは、結局不倫してしまう心の問題が解消していないことが大きな理由の一つです。

 自分が変わらないと、離婚しても夫婦関係以外の何かに不満を抱いてしまうだけですから、『自分はどうしたいか』といった本心に気づくことや、『何が自分はそんなに嫌なのか』を見つけることも、今後の不満を減らすことに繋がります」

ネガティブな感情は自分の固定観念によるものかも

 カウンセリングでは、他にも「あなたの中で男性とはどういう存在ですか?」といった、当たり前の事として認識しているものについて問いかけをすることも多いそう。なぜこうした質問をするのかというと、回答からその人ならではの「思い込み」を見つけることができるからだといいます。

「ネガティブな感情というのは、生育環境からくる固定観念や思い込みが強く反映されていることが少なくありません。例えば『女は家庭に尽くし、男は外でしっかり働くべき』といった思い込みが自分の中にあれば、それを実行すると思います。

 しかし本心では納得いってなければ、だんだんと自分自身の生き方に不満が溜まり、逃避行動として趣味などにのめり込むかもしれません。また自分から見て夫がしっかり働いていないように感じたら、相手を必要以上に責めたくなるかもしれません。

 こうした行動(趣味にハマる、夫への怒り)は、物事に対する『こうあるべき』といった思い込みが関係しています。思い込みは極力減らせたほうが気持ちもラクになれますから、カウンセリングを通じてほぐしていくために、色んな価値観の問いかけも行っています」



離婚へ向けた「対話」の落とし穴

 離婚を決意し進めていく中では、夫婦による話し合いの場を持つ必要が出てきます。この際「夫ともうマトモな会話を何年もしていない」と困り果てる人もいるでしょう。

 さらに緒方さんいわく、夫婦が話し合いをしようとしても「言いたいことをただ言い合うだけ」になりがちだといいます。

「日本では、忙しさから夫婦だけの会話が減る傾向にあります。それによって、お互い思いやってはいるけれど、互いが望んでいる思いやりの中身については話し合っていないといった状況になっていきます。

 例えば、夫は家族のために長時間労働をしているけど、妻は帰ってこない夫にただ不満が溜まっている、なんてことは、良くあるコミュニケーション不足によるすれ違いです。

 また話し合いをしているつもりでも自分の言いたいことをただ一方的に言い合うだけで、話し合いになっていないケースも多くあります。それを『コミュニケーションは取れている』『いつも話し合っている』と認識している夫婦もいますが、それでは望む結果は手にできません。

 コミュニケーションとは自分の気持ちを伝えると同時に、相手の気持ちを「そうだね」とジャッジせずにただ一度受け止めることが大切です。そこで初めてキャッチボールになりますし、真の対等な関係も見えてくるので、この点は注意して欲しいと思います」

 こういったコミュニケーションのポイントは、今後離婚に向けた対話の際も、意識するとよさそうです。

<取材・文/おおしまりえ>

【緒方リサコ】

株式会社オフィス・サット・ピリアロハカウンセリング代表。25歳で結婚。47歳で子連れ離婚をする。「息子とも末長く良い関係を構築しお互いが成長していけたら」と、アドラー心理学(親子関係・家族関係)を学ぶ。親子/家族関係や嫁姑問題等を踏まえたパートナーとの関係修復や離婚相談、大切な人とパートナーシップを築くためのコミュニケーションのサポートができたらと、ピリアロハカウンセリングを設立し、現在に至る。

【おおしまりえ】
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル