top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~』レビュー:定番としての楽しさを保ちつつボードゲームとして進化した一作

ガジェット通信

デジタル・ボードゲームとしての定番といえる「桃太郎電鉄(桃鉄)」シリーズ。その最新作『桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~(以下、桃鉄ワールド)』がリリースされた。さすが「桃鉄」だけあって、今回も定番のおもしろさが味わえる……のだが、それだけではない。

今作は、定番としてのおもしろさを保ちながらも、ボードゲームとしての進化を見せてくれるのだ。

貧乏神から逃げつつ資産形成! いつもの「桃鉄」の楽しさ

今作、『桃鉄ワールド』も基本的なルールはこれまでのシリーズを踏襲している。ゲームの目的は、一定年数が経過した時点で、全プレイヤー中最大の「総資産」を形成すること。「総資産」……つまり、手持ちの「物件」と「お金」の合計額が最も大きなプレイヤーが勝利する。

すごろくのようにサイコロを振って駅から駅へ移動。目的地として指定された駅に一番乗りすると「お金」を獲得できる。また、手に入れた「お金」で「物件」を購入すれば、「物件」からの収益というかたちでも「お金」を獲得可能だ。

経営ゲーム的なこの基本ルールに、アクセントとして加わっているのが「貧乏神」。「勝手にお金を捨ててしまう」だとか「勝手に物件を売ってしまう」などの悪行によって、プレイヤーを苦しめるお邪魔キャラクターだ。「貧乏神」は誰かが目的地に一番乗りした際、目的地から一番遠いマスにいるプレイヤーにとりつくが、他のプレイヤーに重なることでなすりつけることもできる。

広告の後にも続きます

「お金」や「物件」を追い求めつつ、「貧乏神」から逃げる……。この追いかけっこの楽しさが、「桃鉄」シリーズの最も基本的な醍醐味といえるだろう。そして今作もこうした楽しさは、バッチリ備えている。

舞台はワールド! 球状マップで描かれた地球

では『桃鉄ワールド』で新しくなった部分はどこか? もっとも代表的な要素は、マップだろう。タイトルにも含まれている通り、「ワールド」……つまり、「世界」が舞台なのだ。

「桃鉄」シリーズの多くは日本が舞台となっている。もちろん作品ごとに細かくマップが調整されてはいるのだが、それでも日本という国が舞台である以上大まかな構造は似通っているので、何作も遊んでいるとマップ構造を覚えてしまう。このため、まず「マップが新しい」という部分が非常に新鮮だ。

ただ、日本以外が舞台となるのは今作がはじめてではない。ニンテンドーDS向けにリリースされた『桃太郎電鉄WORLD』は本作同様世界全体が舞台となっていたし、PlayStation2向けにリリースされた『桃太郎電鉄USA』はUSA……すなわちアメリカ大陸が舞台。また、日本を舞台にした作品であっても、日本全体ではなく地方をより詳細に描いた作品も存在している。

このため「舞台が世界全体」「マップが新鮮」というだけなら、そこまで新作としてのインパクトは大きくないといえるだろう。だが、本作をプレイした筆者の感想は、「ボードゲームとしての進化が感じられるほどインパクトが大きい」というもの。何にそこまでのインパクトを感じたのかといえば、シリーズ初の「球状マップ」だ。

世界全体を舞台にするということは、要するに、地球が舞台ということ。そしてご存知の通り、我々の暮らす地球は、丸い。ということは、世界全体を正しく表現しようとすると、マップは球状でなければならない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル