top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「映画のまち調布 シネマフェスティバル」東京・調布の映画祭、『すずめの戸締まり』など人気作を上映

FASHION PRESS

映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2024」が2024年1月26日(金)から2月18日(日)まで東京・調布のイオンシネマ シアタス調布などにて開催される。

「映画のまち調布 シネマフェスティバル」

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2024」は、映画製作の現場を支える技術者や制作会社など“映画の作り手”にスポットを当てた映画祭。約7か月にわたって調布市民やイオンシネマ シアタス調布の来場者などを対象に投票を集めた「第6回日本映画人気投票」から、選りすぐりの人気作品を上映する他、監督や映画賞を受賞した技術スタッフなどを招いてのトークショーなどが行われる。

『すずめの戸締まり』など人気作を特別上映

上映されるのは、日本映画人気投票の上位作品の中から選ばれた8作品。人気投票1位となった新海誠の長編アニメ映画『すずめの戸締まり』をはじめ、二宮和也主演映画『ラーゲリより愛を込めて』、清野菜名と松坂桃李のダブル主演で名作恋愛漫画を実写化した『耳をすませば』、のんがさかなクンの半生を演じた『さかなのこ』、庵野秀明がメガホンを取った『シン・仮面ライダー』、鈴木亮平主演の人気医療ドラマの映画版『劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室』、宮沢賢治と父の“親子愛”を描いた『銀河鉄道の父』、直⽊賞受賞の小説を実写化した『月の満ち欠け』を上映する。

スタジオジブリ『紅の豚』も特別上映

また、イオンシネマ シアタス調布では1992年公開のスタジオジブリ劇場用長編アニメーション『紅の豚』を9日間の期間限定で上映。公開当初の35mmフィルム初号試写に近い状態を再現したDCPでの上映という、貴重な機会となるのでぜひ足を運んでみて欲しい。

【詳細】
「映画のまち調布 シネマフェスティバル2024」
期間:2024年1月26日(金)~2月18日(日)
開催会場:調布市文化会館たづくり、イオンシネマ シアタス調布、調布市グリーンホール

■日本映画人気投票 選出作品上映
チケット販売日:2023年12月22日(金)
会場:調布市文化会館たづくり くすのきホール(全席指定)
住所:東京都調布市小島町2-33-1
料金:前売り 500円、当日 800円
日時/上映作品:
2月11日(日)18:00 『シン・仮面ライダー』
2月12日(月・休)10:30 『銀河鉄道の父』
2月12日(月・休)15:30 『ラーゲリより愛を込めて』
2月17日(土)10:00 実写映画『耳をすませば』
2月17日(土)14:00 『すずめの戸締まり』
2月17日(土)18:00 『月の満ち欠け』
2月18日(日)10:00 『さかなのこ』
2月18日(日)15:30 『劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室』

■特別上映 スタジオジブリ作品『紅の豚』
公開期間:2024年2月10日(土)~2月18日(日)
※上映時間はWEBサイト参照                 
会場:イオンシネマ シアタス調布 スクリーン1 ほか 
料金:(全席指定)大人・大学生1,300円 / 幼児~高校生1,000円
チケット販売日時:2023年12月25日(月)e席リザーブ0:00~/劇場窓口8:00~ 
チケット購入方法:WEBサイト参照

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル