top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

NHK『大奥』、女であることを奪われた“堀田真由”家光、体の中は空洞だった“岸井ゆきの”和宮

女子SPA!

 よしながふみ原作コミックを実写化し、強い支持を集めてきたNHKドラマ『大奥』が終盤に入った。28日に放送された第19話では、公武合体により、帝の弟君であるとして迎えられた和宮(岸井ゆきの)が偽物で、しかも女性だったことが発覚する。

 すべての事情を知ってなお、優しく受け止める14代将軍・徳川家茂(志田彩良)。和宮の心が解きほぐれていく姿に、人が人と向き合う美しさを見た。

男と偽った和宮だが、そもそも彼女にとってガワなど意味がなかった

 朝廷から降嫁してきた和宮は偽物だった。母である観行院(平岩紙)と乳母の土御門(山村紅葉)によれば、本物の和宮が首をくくり、ほかの男子を出せぬ事情があったために、実の姉が代わりとなって来たのだという。帝も事情を知らぬ一大事に瀧山(古川雄大)は激怒するが、家茂は、このまま和宮が女性であることを秘すことにするのだった。

 女将軍の始まりとなった3代家光(堀田真由)。彼女は当初、その素性を隠された、女であることを奪われた人だった。無理やりに髪を切られ、男のなりをさせられ、名前も奪われた。有功(お万の方)と出会い、千恵として受け止めてもらったうえで、将軍・家光として自分の足で皆の前に立てるまでに、多くの苦しみを背負ってきた。その姿からは、女であることを奪われる辛さや、何より名前を奪われることで自己を失う恐ろしさが伝わってきた。

 和宮からは、またまったく違った苦しみが伝わって来る。彼女は、何より母が自分を見てくれることを欲していた。そのためには、女としてのなりや、名前を捨てても構わなかった。自分の立てた企てなのだから、当然ではあるものの、それにしても彼女からは男のなりをしていることへの抵抗は、露ほども感じられない。むしろ彼女にとって、はなからガワに大きな意味はなかった。

和宮が欲していた場所に座ったのは、太陽のような家茂だった

 幼い頃、可愛らしい着物を着て、遊び道具を目の前に置かれても、母の愛がなければ、体の中は空洞だった。手に欠損があった自分を、生まれなかった子として扱い、弟・和宮だけを“この家の光”として慈しんできた母。宮さんは「あんたみたいに肝の据わった子と違う」「優しくて細やか」「私が守ってあげへんと」と言う母を、彼女は決して恨むでなく、ひたすら愛を求めた。自分をちゃんと見て、向き合って欲しかった。

 そんな彼女にとって、江戸に下ることは千載一遇のチャンスと言えた。これで、ついに母の愛を手に入れたと思った。しかし、実際には離れてなお、本物の和宮のことしか頭にない母の姿を目の当たりにすることとなったが、そこに太陽のような人が現れた。和宮にとっては母を独り占めする理由でしかなかった将軍・家茂だ。家茂が、和宮が欲していた場所、彼女の目の前に座った。



天璋院は実際にさと姫という猫を可愛がっていた

 ちなみに、これまでの映像作品などでもたびたび登場してきた、和宮と天璋院(福士蒼汰)との初対面シーン。和宮への敷物が用意されていなかったために、和宮が怒って帰った史実エピソードが、本作でも登場した。「あんたらの気持ちはよう分かったわ」と言う和宮から、高いプライドが見えるだけではない。ここは和宮と、正面から向き合う大事な機会だったことは事実だ。

 余談だが、福士がお万の方と天璋院の二役を務めることになったのは、後に決まったこと。しかし福士が猫を抱いている姿には、シーズン1から見ているファンは否応なく反応してしまう。天璋院が猫を可愛がっていたことは史実として残っており、ドラマのために登場させているわけではないのだけれど、巡り合わせを感じてしまい、なんとも不思議だ。

和宮の空洞を、母の愛とは違う愛が満たし始めた

 さて、そんな和宮の前に座って、しっかりと彼女を見つめたのは家茂だった。もっとも印象的だったのが、1対1で正面から相手と向き合い話した、褥(しとね)での囲碁の場面である。「宮さまが江戸に来てくれたおかげで、なんとか公武合体の体裁を保てている。大事な、かけがえのないお人」と言う家茂に、和宮は江戸に来た本当の理由を明かした。

「本物の和宮さんな、ほんまは今も生きてはるんよ。わたしはただ、母を独り占めしたくてここに来たんや」と。そして身の上と、江戸に来た“しょうもない企み”を語った和宮に、家茂は泣きながら「その“しょうもない企み”のおかげで、(本物の)和宮さまは亡くならずにすんでいる。わたしは人を死の淵に追いやらずにすんだのです。宮さまは知らぬうちに多くの者を救ってらっしゃるんですよ」と。

「そんな風に考えるん、上さんくらいやで」と返しながら、さらに家茂の言葉に、道中を思い返す和宮。そして家茂は、世の人にとり「戦を避けるために江戸へ下ってくださる勇気ある宮さま、これが光でなくてなんでしょう」と言い、和宮を“世の光”と称した。「あんたは」と涙を隠す和宮。

“家の光”となれず、影の存在だった彼女が、“世の光”と言われた嬉しさ。しかしそうして家茂が世界を、視界を開いてくれたこと、何より彼女をまっすぐに見つめてくれたことこそが、響いたはずだ。和宮の空洞を、このまま母の愛は埋めてくれないかもしれない。でも、違った愛が満たし始めたことを、和宮は感じているはず。その変化は、周囲にも波及するだろう。ちなみに天璋院の猫に続き、囲碁に関しても、実際の和宮と家茂もともに好きだったという。

 さて、政治では一橋慶喜(大東駿介)が表舞台に登場し、家茂が孝明帝(茂山逸平)のもとへと上洛しなければならなくなった。人をまっすぐに信じる家茂は、すべてをいい方向へ行って欲しいと考えているが、そう事が上手く進むとも思えず……。難題山積みの中、ついに残すところあと2回である。

<文/望月ふみ>

【望月ふみ】
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。@mochi_fumi



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル