top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

コナミデジタルエンタテインメントが「エデュテイメント祭り!」開催  ゲームの教育活用セミナーに教育関係者が多数参加

もっとエンタメ

 近年、文部科学省のGIGAスクール構想によって1人1台端末、校内ネット環境の整備が進んでいる。しかしながら、使用できるアプリや教育版ゲームの活用などで地域間格差や不満を感じている保護者や教育関係者もいるかもしれない。

  今年1月、学校教育機関向けに「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~(以下、桃鉄 教育版)」の無償提供を開始した、コナミデジタルエンタテインメント(東京)は、ゲームの教育活用(エデュテイメント)をテーマに、教育関係者向けのセミナーイベント「エデュテイメント祭り! presented by 桃太郎電鉄」を12月2日に都内で開催し、多くの教育関係者が参加した。

  同イベントでは、「桃鉄」と同様に教育版を展開している「マインクラフト(Minecraft)」(Microsoft) の担当者を招いた特別講演や、「エデュテイメント、教室でやってみた!」「特別支援におけるエデュテイメントの活用」「現場、教育委員会、文科省、3つの立場から語る教育の現状と未来」の三つのワークショップを実施。特別支援学校における活用事例、教育委員会、文部科学省の関係者などを招いたパネルディスカッションなどが行われた。

  「桃鉄 教育版」は、1988年に登場した国民的ボードゲームの「桃鉄」を、学校教育で利用できるよう、WEBブラウザやタブレットなどでの操作を可能にしたデジタル教材。「日本全国を巡って物件を買い集め、資産額日本一を目指す」というゲーム性を生かし、授業を通して地理や経済などが学べる教材として、すでに5千校以上の教育機関が導入。小学校での普及率は約18%に上るという。

  「桃鉄 教育版」は、北海道から沖縄までの7地域と全国の八つから学びたい地域を選択してプレーすることができる。その特徴は、専門家による地理情報の表示、管理ツールによる時間設定、物件編集のほか、ゲーム演出の制限(攻撃カードなど)などにより、教育現場にマッチさせた仕様に開発されているということ。(最新版は今月7日から利用が可能)

  また「桃鉄 教育版」の導入教科では、社会・地理が最も…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル