top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

チームによっては主力級? 巨人の2023年現役ドラフト注目選手6人。出場機会を求める選手たち

ベースボールチャンネル

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 日本野球機構(NPB)は12月8日、2023年度の現役ドラフトを開催する。同制度は各球団が2人以上の対象選手を選出し、必ず1人以上指名する仕組み。移籍の活性化により、出場機会に恵まれない選手の新天地での活躍が期待される。今回は、現役ドラフトで特に注目したい読売ジャイアンツの選手を紹介する。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴

 

髙橋優貴


投打:左投左打
身長/体重:178cm/82kg
生年月日:1997年2月1日
経歴:東海大菅生高 – 八戸学院大
ドラフト:2018年ドラフト1位
 
 ドラフト1位で入団したものの、正念場に立たされているのが髙橋優貴である。
 
 東海大菅生高校から八戸学院大学に進学した髙橋。北東北大学野球リーグの新記録となる通算301奪三振を奪うなど圧倒的な成績を残し、2018年ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団した。
 

 
 プロ1年目から先発ローテーションを守り、5勝7敗、防御率3.19をマーク。しかし翌年は、けがの影響で8試合の登板に終わった。
 
 2021年には11勝、防御率3.39と好成績を残し投手陣を牽引。覚醒の兆しを見せたが、翌年はまたも故障で10試合の登板に留まり、オフに育成契約となった。
 
 今季はファームで好投を続けて支配下復帰を果たしたが、1軍では白星なしと復活した姿を見せることはできなかった。
 
 首脳陣やフロントの判断次第では、現役ドラフトにおける他球団移籍の可能性もあるだろう。

松原聖弥


投打:右投左打
身長/体重:173cm/74kg
生年月日:1995年1月26日
経歴:仙台育英高 – 明星大
ドラフト:2016年育成選手ドラフト5位
 
 一時はレギュラー定着が見えていた松原聖弥。復活への期待は大きいが、松原もまた現役ドラフト候補の一人と言えるだろう。
 
 仙台育英高校で最後の夏はベンチ外で終わる悔しさを胸に、明星大学に進学。読売ジャイアンツから育成5位指名を受け、同大学初となるプロ入りを実現した。
 

広告の後にも続きます

 
 プロ入り後は2軍・3軍で結果を残し、2018年7月に支配下契約を掴み取った。
 
 2020年は86試合出場で打率.263(規定未満)を記録すると、2021年は外野のレギュラーの座に定着。135試合に出場し、打率.274・12本塁打・15盗塁と躍動した。
 
 さらなる飛躍が期待された2022年だったが、50試合出場にとどまり、打率.113と前年から大きく数字を落としてしまった。
 
 今季も21試合出場で無安打に終わる悔しいシーズンとなった松原。いま一度、巨人で輝きを放つことができるのか、あるいは他球団に移籍となるのか注目だ。

平内龍太


投打:右投右打
身長/体重:185cm/99kg
生年月日:1998年8月1日
経歴:神戸国際大付高 – 亜細亜大
ドラフト:2020年ドラフト1位
 
 育成契約を経て支配下に復帰した平内龍太。復活の途上ではあるが、現役ドラフトの対象になる可能性もあるだろう。
 
 神戸国際大学付属高校時代から注目を集め、プロ志望届を提出するも指名漏れを経験。亜細亜大学では最終年にリーグ戦で好投を連発し、2020年ドラフト1位で読売ジャイアンツ入りを掴んだ。
 

 
 ルーキーイヤーはわずか3試合の登板に終わったが、翌2022年は53試合に登板し、4勝4敗13ホールド・防御率4.32を記録した。
 
 同年オフに右肘のクリーニング手術を受けて育成契約になったものの、今年5月に支配下復帰。しかし、精彩を欠くピッチングも目立ち、11試合の登板に終わった。
 
 かつてのドラフト1位右腕は、来季こそ完全復活を目指すこととなるが、現役ドラフトに出れば、他球団も注目の存在だろう。

大江竜聖


投打:左投左打
身長/体重:173cm/82kg
生年月日:1999年1月15日
経歴:二松学舎大付高
ドラフト:2016年ドラフト6位
 
 現役ドラフト候補の一人として名前が上がるのが、伸びしろもあるサイド左腕の大江竜聖だ。
 
 二松学舎大学付属高校では、1年時から甲子園のマウンドを経験した。2年春の選抜甲子園で1試合16奪三振の圧巻投球。将来性も期待され、ドラフト6位で読売ジャイアンツに入団した。
 

 
 プロ入り後はなかなか1軍での登板機会が得られず、2020年からサイドスローに転向した。
 
 これが転機となり、同年は43試合に登板して防御率3.11をマークするなど、飛躍のシーズンとなった。
 
 今季は32試合登板で防御率4.09と一定の働きは見せたが、首脳陣の信頼を勝ち取るにはやや寂しい数字に。現役ドラフトの対象となれば、補強ポイントに合致するチームも多いだろう。

北村拓己


投打:右投右打
身長/体重:181cm/90kg
生年月日:1995年8月29日
経歴:星稜高 – 亜細亜大
ドラフト:2017年ドラフト4位
 
 長打力を期待されつつも、1軍定着に至っていない選手が北村拓己である。
 
 北村は、星稜高校から亜細亜大学に進学。リーグ戦通算打率は3割を超え、大学日本代表にも選出されるなど実績を残してドラフト4位で読売ジャイアンツに入団した。
 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル