top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

マーキュロ[ライブレポート]どこまでも凄惨で、どこまでも深い愛を描いた暗黒の歌劇「僕たちはまだ温かく優しく愛し合っていけるかなって思います」

Pop’n’Roll

マーキュロが、11月21日(火)にSpotify O-EASTにて、<マーキュロ 主催ライブ 関東ツアー公演『失楽園』>ツアーファイナル公演を開催した。“バンドセット+芝居構成”という特別な内容となった同公演は、生バンドが生み出す立体感のあるサウンドと、心に深く突き刺さるストーリーとともに、メンバーがこれまで以上に表現力豊かなステージを展開。マーキュロの表現者としての新たなる可能性を見事に示すライブとなった。本記事では、その模様をお伝えする。

【画像はこちら】

マーキュロが芝居構成を組み込んだ公演を行なうと聞いた時、妙に納得した。芝居や演劇を取り入れたアイドルライブは過去に何度か観たことがあるが、“サブカルアイドル”を掲げたマーキュロがそれを行なう意味合いは大きい。昭和にカルト的な人気を誇った劇団、東京グランギニョルの代表作が<マーキュロ>であり、マーキュロは主催ライブのタイトルを<グラン・ギニュルー>としている。そもそも“グラン・ギニョール(Grand Guignol)”とは、フランス、パリに19世紀末から20世紀半ばまで存在した大衆芝居、見世物小屋“グラン・ギニョール(Le Théâtre du Grand-Guignol)”のことだ。

9月より関東を回ってきたツアー<失楽園>は2023年11月21日、Spotify O-EASTでファイナルを迎えた。そう、この日の特別なライブが、“バンドセット+芝居構成”である。

近未来の荒廃した世界。人類の遺伝子毒を使った戦争。その影響は、やがてコントロールを外れ、あらゆる植物、動物が毒を持つようになった。毒は人々を襲い、短命化と出生率の低下を招く。

科学者たちは人間の遺伝子を改造し、狂った地球環境で生き残ることのできる新人類を創造しようとしていた。

ステージ上には番号が振られた7つの棺が置かれている。6人の科学者たちが語り出す。

“暗い螺旋が終わりを告げ、新たな獣が生まれようとしている”
“こんなカタチでしか歴史を残せなかった我々を人類は恨むだろうか”
“さあ、準備は整った”
“ホモサピエンスに終わりを告げ、ホモサピエンスに未来を示せ”
“目覚めよ、マーキュロ!”

広告の後にも続きます

けたたましく打ち鳴らされるハンマービート、「フォアシュピール」が轟くと、棺の中から獣であり新人類である、マーキュロの7人が現れる。手にした赤い旗を大きく翻しながら揚々とステージ前方に横並びになると、フロアを埋め尽くしたオーディエンスが7人を讃えるように7色に光るペンライトを掲げる。

“これより開演致しまするは、世にも奇妙な新人類の話。みなさまとくと、とくと盛り上がってくだしゃんせ〜!”

華やかなイントロが大きく鳴らされると、赤と青のツートーンヘアを靡かせながら藍咲ユウリが今宵の挨拶をする。「カラクリドラマ」で幕開けた。陽気なリズムが逆に不穏さを掻き立てる。白と赤の衣装を纏い、奇天烈なステップで歌い踊る7人の臨戦体制は万全である。衣装に合う赤髪になった翠城ニアが不適な笑みを浮かべ、芥タマキが怪しく不気味な歌声を響かせる。ステージ前方からソールドアウトで満杯のフロアを見渡す我執キルが、オーディエンスの士気を掌握していく。

藍咲ユウリ<マーキュロ 主催ライブ 関東ツアー公演『失楽園』>Spotify O-EAST(2023年11月21日)

ステージ後方の金網越しに構えたマーキュロバンド、親不孝通りがエッジィな轟音を奏でる。

“行こうか! 絶望セカイ!!”

紫月レンゲが魔性の雄叫びを上げると、「絶望セカイ」へ。フロア一面に突き上げられた中指と振り乱れる無数の頭が狂気の景色を作り出す。無邪気な笑顔で中指を立てる雅楽代カミテが噛み付き、凛々しく勇ましい珖夜ゼラが昂然とした動きと野太い歌声で観る者をねじ伏せていく。バンドセットライブは今年6月にLIQUIDROOMで行なった<一周年東名阪単独追加公演『見世物小屋』帝都編>以来2度目となるマーキュロだが、前回とは比べものにならないほど儼乎たるパフォーマンスを展開していく。

紫月レンゲ<マーキュロ 主催ライブ 関東ツアー公演『失楽園』>Spotify O-EAST(2023年11月21日)

優一(Dr)の重心低めながらもタイトなドラミングと、俊吉(Ba)のスラップを絡めたソリッドなグルーヴが、鋭利なサウンドを作り出す。そうした親不孝通りの獰猛なアンサンブルに乗せて、野獣と化したタマキが虚空を引き裂くように咆哮する。空襲警報かのようなサイレンが鳴らされて始まる「デイストオシオン」と、攻撃的なナンバーを間髪入れずに次々と投下。フロア後方に設けられた危険エリア“暴動区”を筆頭に、会場の熱気はあり得ないほどヒートアップしていく。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル