top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「買い物・交通・レジャー」の費用を抑える〈シニア限定特典〉活用のすごいテクニック【FPが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

店舗、交通機関、レジャー施設等では「シニア世代限定特典」を展開しているところが多数あります。これらを使わない手はありません。ぜひうまく活用して、おトクに楽しく支出を抑えていきましょう。※本連載は、頼藤太希氏監修のMOOK『定年後のお金の不安がなくなる本』(晋遊舎)より一部を抜粋・再編集したものです。

シニア世代限定特典を展開する店、交通機関、レジャー施設等多数

歳を取ることにネガティブな印象を持っている人は多くいるが、シニアならではのメリットも存在する。店舗や交通機関、レジャー施設のなかには、シニア世代限定特典を展開しているところが多く存在しているのだ

スギ薬局やツルハグループのドラッグストアでは、毎月決まった日に一定年齢以上の対象者がポイントカードを提示することで、会計時に割引きされるサービスを実施している。「ガスト」などを有するファミリーレストランのすかいらーくグループでは、60歳以上限定でスマートフォンアプリの画面提示で期間中何度でも会計に割引きを受けられるサービスも。

電車やバス、飛行機などの公共交通機関で使えるシニア限定割引きもあるので、定年後に自由な時間が持てるようになったら、特典を利用していろいろなところへ旅行に行くのもいいだろう。

レジャーの分野でも特典を受けられる施設は多く存在しており、映画や舞台鑑賞のほか、ボウリングを通常価格よりも安い料金で楽しむことができる。

広告の後にも続きます

特典で注意したいのは、サービスごとに利用可能な年齢に違いがある点だ。イオンシネマの「夫婦50割引」のように50歳以上を対象年齢とするサービスがある一方、ANAの「スマートシニア空割」などは65歳以上が対象となっており、ひと口にシニアといっても年齢の幅は大きい。

買い物もレジャーも通常より安く楽しめる

シニアだけが受けられるサービスは、買い物や外食、移動やレジャーなど、さまざまな場面で利用可能となっている。

毎月10日はポイントカード提示で会計が10%割引きになるトイザらスの「まご割」は高齢者にも孫にも嬉しい制度だ。レジャーでは通常料金よりも安い金額で映画鑑賞できるイオンシネマの「夫婦50割引」やボウリングのゲーム料金が安くなるラウンドワンの「アクティブシニアパック」など、老後を楽しむためのサービスが展開されている。

【ポイント1】日常的に使う場面が多い「シニアだけ」のお得な制度を利用

●買い物・飲食 

★スギ薬局

(画像はイメージです/PIXTA)

サービス:Goハッピーデー

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル