top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【どっち】お歳暮の「お返し」必要? それとも不要? “正解”をマナーコンサルタントに聞いてみた

オトナンサー


お歳暮のお返し、どうしてる?

【地域別】違いがくっきり! 各地のマナーコンサルタントが教える「お歳暮を贈る時期」

 今年も残すところ1カ月を切りました。毎年、12月に入ると「お歳暮」が届くという人もいると思います。お歳暮を受け取ったときに迷いがちなのが「お返し」。ネット上では、「品物を頂いているわけだからお返ししなくちゃ…」「何も返さないのはちょっと不安」などと考える人が少なくないようですが、一方で「お歳暮は“お返し不要”って聞いたことがある」「お礼だけ伝えて、品物は返さない」という人もいるようで、「どっちがいいの?」とますます迷うケースもあるようです。

 そこで、マナーの観点からみた、お歳暮のお返しにおける“正解”について、一般社団法人「マナー&プロトコル・日本伝統文化普及協会」(東京都港区)代表理事で、皇室のマナー解説やNHK大河ドラマのマナー指導などでも活躍する、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんに聞きました。

一般的には『お返しは不要』だが…

Q.まず、「お歳暮」の意味合い、贈る際の渡す時期の目安などを教えてください。

広告の後にも続きます

西出さん「お歳暮とは、日頃からお世話になっている人に、一年の感謝の気持ちを込めて贈るものです。

お歳暮は、年の暮れに行われる、ご先祖さまをおまつりする『御霊(みたま)祭』としてお供え物を贈っていたことに由来します。やがて親族を中心に品物を贈るようになり、その後、日頃お世話になった人へ贈り物をする行事として定着したのが、現在のお歳暮です。

お歳暮を送る時期は、地域によって違いがあります。各地の時期の目安は次の通りです」

【北海道】

以前は、「正月事始め」である12月13日ごろから20日ごろまででしたが、近年は積雪や配送がその時期に集中するなどの問題から、早い時期に贈るようになり、12月初旬(12月5日前後、第1日曜日ごろ)から12月中旬(遅くても12月20日ごろまで)となっています。また、北海道の中でも、地域によって贈る時期が異なる傾向もあります。

【東北地方】

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル