top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【新日本】タイチ&上村手痛い2敗目 ファレ&ボンザ相手に足踏み

プロレス/格闘技DX

【新日本】タイチ&上村手痛い2敗目 ファレ&ボンザ相手に足踏み(C)プロレス/格闘技DX

『レック Presents WORLD TAG LEAGUE 2023』高知県民体育館(2023年12月4日)
Bブロック公式戦 ◯バッドラック・ファレ&ジャック・ボンザvsタイチ&上村優也×

 タイチ&上村の“Just 5 Guys”コンビが、WORLD TAG LEAGUE(WTL)Bブロック公式戦でファレ&ボンザ組相手に手痛い2敗目を喫した。

 4勝1敗の首位タイで終盤を迎えたタイチ&上村組。勝てばブロック突破へ大前進できる状態で、ファレ&ボンザ組相手の6戦目を迎えた。

 すでに脱落が決まっているファレ&ボンザ組だが、序盤から体格差を利して上村を押しまくる。それでも上村が乗り切ると、タイチがばん回し、巨漢ファレを上手投げで見事にぶん投げると、バズソーキックも叩き込んでみせた。

 上村も中盤すぎにドロップキックを連射してばん回。さらにはファレの巨体を得意のアームドラッグでぶん投げてみせるや、かんぬきスープレックスで“170kg投げ”を試みた。

 だが、ファレも踏ん張って投げさせない。ならばと上村はタイチの延髄斬り→上村のサムソンクラッチの連係や腕十字固めで勝利を目指したものの、ファレは屈さず。逆に飛び込んだボンザがバックブリーカーで上村を撃ち抜くや、立て続けにファレ“毒針”エルボードロップをドスン!とひと刺し。ボンザがファイヤーサンダーでタイチを排除するなか、最後はファレがバッドラックフォールで上村から完璧な3カウントを奪ってみせた。

 タイチ&上村は手痛い2敗目。試合後も失意のノーコメントだった。突破目前で足踏みとなったJ5Gコンビだが、その後の公式戦で同率首位だった“モンスターソース”ランス・アーチャー&アレックス・ゼインも敗れたため、首位タイで12・7都城でのBブロック公式戦最終日を迎える。相手は現IWGPタッグ王者で3連覇のかかる“毘沙門”後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組だ。

【試合後のファレ&ボンザ】

▼ボンザ「アイツら、腕を使えなくしてしまったな」

▼ファレ「まぁ、いい。俺にはもう一本の腕があるからな!」

▼ボンザ「あぁ、もう一本あるからまだビールも飲めるな」

▼ファレ「いいか、俺たちにはまだチャンスがある」

▼ボンザ「いや、ないだろう(笑)」

▼ファレ「(※ニヤリとしながら)ハハ…」

▼ボンザ「いや、あるかもしれない。何人かをやるチャンスはある」

▼ファレ「その通りだ」

▼ボンザ「今夜それを証明した。トーナメントなんてどうでもいい。今夜俺たちがアイツらに勝ったことで、アイツらにトーナメントに勝てなくさせた。アイツらはそれを忘れることはないだろう」

▼ファレ「あのバッドラックフォールを使った時、聞こえたか?」ボンザ「あぁ、聞こえたさ」

▼ファレ「本当に聞こえたか?」ボンザ「あぁ。何て叫んだかって?」

▼ファレ&ボンザ「(※声を揃えて)PEACE MAKER!!!」ボンザ「WOOOO !!!」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル