top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【新日本】毘沙門が3連覇へ望みつなぐ 永田&鈴木相手に薄氷3勝目

プロレス/格闘技DX

【新日本】毘沙門が3連覇へ望みつなぐ 永田&鈴木相手に薄氷3勝目(C)プロレス/格闘技DX

『レック Presents WORLD TAG LEAGUE 2023』高知県民体育館(2023年12月4日)
Bブロック公式戦 ◯後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvs鈴木みのる&永田裕志×

 前人未到のWORLD TAG LEAGUE(WTL)3連覇を目指す“毘沙門”後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組が、永田&鈴木組に薄氷勝利。勝ち点を7に伸ばして望みをつないだ。

 3連覇を目指す現IWGPタッグ王者としてWTLに臨んだ毘沙門だが、前半で早々に2敗を喫して崖っぷちに。その後2勝1分けと持ち直して終盤戦を迎えたものの、後藤の首負傷が表面化するなど、状況はより厳しさを増していた。

 この日の高知大会では永田&鈴木組と対決。やはり鈴木はヘッドロックや首筋へのエルボーで容赦なく弱点を突き、後藤の動きが止まった。場外では鉄柵を利用して首を痛めつけられ、あわやリングアウト負けの一幕もあった。

 それでもYOSHI-HASHIが巻き返し、永田をとらえて必殺の消灯を狙ったものの、鈴木がYOSHI-HASHIをスリーパーで絡め取って阻止。逆に永田はナガタロック2で後藤の首をねじり上げた。

 それでも“負けたら終わり”の後藤は必死にロープエスケープ。ならばと永田はバックドロップホールドで仕留めにかかった。

 だが、後藤が踏ん張ったところでYOSHI-HASHIがトラースキックでカット。すかさず後藤は奥の手・後藤弐式で丸め込み、辛くも永田から3カウントを奪い去った。

 毘沙門が薄氷勝利で3連覇へ望みをつなぐ3勝目。勝ち点7の2位で12・7都城でのBブロック公式戦最終日を迎えることになった。「今日も首を攻められまくったけど、何も心配することはない。この俺が何度修羅場をくぐり抜けてきたか。見とけ次も!」と後藤は心頭滅却。YOSHI-HASHIも「俺はその姿、何度も見てきたから。ケガした時の、それでも怯まない爆発的な強さ知ってるし、何回も助けられてきたから。今度は俺がごっちゃんを助ける番だと思ってるから」と逆境を力に換えての突破を見据えた。最終公式戦となる12・7都城大会では首位タイのタイチ&上村優也組と対決する。

【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】

▼後藤「(※首の後ろを押さえながら)アーッ!」

▼YOSHI-HASHI「勝った!これで何とかつながったけど、でもこのメインの結果次第ではもう可能性が切れちゃうかもしれない」

▼後藤「きっと、勝利の女神が微笑んでくれるさ」

▼YOSHI-HASHI「辻たちに頑張ってもらうしかないから。でも、風は俺たちに向きつつあるから、まだ、まだまだ、こんなとこで終わるわけないと俺は思ってるから」

▼後藤「あー、終わるわけねぇ!終わらせねぇし」

▼YOSHI-HASHI「今日対戦した、特に俺が入門した時から先輩としている永田裕志、あの人はこの激動の新日本プロレスの中で“永田裕志”っていうスタイルを貫き通して、今もそう、いろんな団体の人とかも来て、いろんな荒波に揉まれてるけど、でも“永田裕志”ってものをずっと持ち続けて、今日戦えたことは正直うれしかったし、すごいなと思いました。うん、すごいっすね。あのスタイルでずっと胸張ってやってきてるんだから。それで頂点まで上り詰めて、今もこうやってね、変わらないスタイルでやってるっていうのは、正直すごいっすよ。欲を言うなら、今回出てないテンコジとか、G・B・Hとも戦いたかったなっていう思いは(ある)。まあなかなかフィーチャーされないけど、そのことはすげえ思ってて、それだけは。まあもちろん、優勝、3連覇するっていうのはあるけど、もちろん心のどっかでそういう思いが、俺はありました。まだ、風は俺たちに絶対吹いてる。ここじゃ絶対に終わらない。俺はそう信じてる。そうでしょ?ごっちゃん!」

▼後藤「当たり前さ。まあ今日も首を攻められまくったけど、何も心配することはない。この俺が何度修羅場をくぐり抜けてきたか。見とけ次も!(※と、先に立ち去る)」

▼YOSHI-HASHI「俺はその姿、何度も見てきたから。ケガした時の、それでも怯まない爆発的な強さ知ってるし、何回も助けられてきたから、今度は俺がごっちゃんを助ける番だと思ってるから」

【試合後の永田&鈴木】
▼永田「(※歩いてきながら)チクショー、悔しい!(※鈴木と並んで立つと、顔を真っ赤にして悔しさを表情に漲らせる)」

▼鈴木「オイ、オイ、オイ、オイ、リーグ戦はまだ終わりじゃねえんだよ!もう一つあんだよ!オイ次、絶対勝つぞ!(※と、永田の胸を押して先に立ち去る)」

▼永田「アー、チキショー!勝ちたかったよ。勝ちたかった。個々の力で言えば、今の俺と鈴木みのるなら、俺たちが上回っただろう。しかし、ヤツらには長年の、心の通い合ったスキルがある。やっぱり、初めて組んだチームより、全然強いしうまいわ。個々の力じゃ負けない。でもタッグとしてのチームワーク、心が通ってるよ、アイツらも。でも俺たちもシリーズ通じて、少しずつよくなってきてるのもあるから、だからこそ余計悔しいね。(※顔を歪めて)悔しい!チキショー!腹の底から悔しい。鈴木みのるにあんなこと言われたら、余計悔しいわ。(※顔を歪める)チキショー!鈴木の言う通りだよ。あと一つ。公式戦、そこに向けて必ず勝つ(※敬礼)」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル