top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【新日本】首位3チーム…WTL・Bブロックは最終日前に大混戦 高知メインで辻&サンドカンがモンスターソース撃破

プロレス/格闘技DX

【新日本】首位3チーム…WTL・Bブロックは最終日前に大混戦 高知メインで辻&サンドカンがモンスターソース撃破(C)プロレス/格闘技DX

『レック Presents WORLD TAG LEAGUE 2023』高知県民体育館(2023年12月4日)
Bブロック公式戦 ◯辻陽太&サンドカンJr.vsランス・アーチャー&アレックス・ゼイン×

 WORLD TAG LEAGUE(WTL)のBブロックは、公式戦最終日(12・7都城)直前で3チームが首位タイで並ぶ大混戦模様となった。

 この日の高知大会では4勝1敗で首位タイだったタイチ&上村優也組が2敗目。そのタイチ組と並んで首位だった“モンスターソース”アーチャー&ゼイン組が、メインイベントで辻&サンドカン組と激突した。

 勝てばブロック突破へ大前進できるモンスターソースは、序盤こそ主導権を奪われたものの、中盤から猛烈な巻き返しを開始。アーチャーが合体式のキャノンボールで巨体をぶつけて場内をどよめかせれば、ゼインも馬跳び式の串刺しドロップキックや、チョークスラムとムーンサルトの合体攻撃などで見せ場を連発。

 さらにゼインはノーステップの飛びつきフランケンまで敢行してサンドカンを追い込んだが、「優勝してロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン入り」の野望を掲げるサンドカンも決定打は許さず。逆に辻とのダブル・ブレーンバスターや合体パワーボムで逆襲に転じた。

 それでも止まらぬモンスターソースは、アーチャーのバックブリーカー&ゼインのネックブリーカードロップの合体攻撃で再び進撃。だが、アーチャーの猛突進を避けたサンドカンが場外転落を誘うや、返す刀で辻が必殺ジーン・ブラスターをカウンターでゼインに叩き込み、起死回生の一発で3カウントまで持ち込んでみせた。

 負ければ脱落だった辻&サンドカン組は、これで3勝3敗の星取り五分に。公式戦最終日を前にかろうじて望みをつないだ。

 モンスターソースも2敗目を喫したことで、Bブロックはモンスターソース、タイチ&上村組、ヒクレオ&エル・ファンタズモ組の3チームが8点で首位タイ。これを7点の“毘沙門”後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組と6点の辻&サンドカン組が追う大混戦模様で都城の公式戦最終日を迎えることになった。

 見事に高知メインを制した辻は「今日、誕生日の人間がいるんだけどな。ヒロムちゃん。忙しくて今日はこれなかったけど、俺とサンドカンの勝利が誕生日プレゼントでもいいかな」と愉快な兄貴分に勝利を捧げたうえで、「俺たちには決勝トーナメントへ行く可能性が残ってる。覚悟はいいか、俺とサンドカンジュニアがこのタッグリーグ、盛り上げてやるよ! バモス・アミーゴ!」と締めくくり、奇跡の逆転突破へ雄叫びを上げた。

【試合後の辻&サンドカン、内藤】
▼辻「どうやら俺は、数学の計算が苦手みたいだ。まだまだ俺たちに可能性があった。この先もサンドカン・ジュニア、お前と突き進んでいくぞ」

▼サンドカン「今夜のリーグ戦、あともう一息だった……。だが、サンドカン・ジュニアの夢が1つ叶った。日本の最高の団体に上がることができた。そう、この新日本プロレスのリングだ!素晴らしいルチャドールばかりだ。俺の夢が、現実となっているんだ。忘れるなよ。このサンドカン・ジュニアの名は、これからも耳にするだろう。ナイトーさん!皆が聞いているこの場で、お願いだ。オレは、L・I・Jのメンバーになりたいんだ!!」

▼内藤「昨日の姫路大会、そして今日の高知大会。試合がないのに、どうしてわざわざ会場まで来たのか、分かる?理由の一つは、サンドカン・ジュニア、お前だよ。この『WORLD TAG LEAGUE』で優勝したらロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに入れてくれって言ってたけど、いま得点状況はどうなのかな?よく分かんないけどさぁ、結果で、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを振り向かせてくれよ。あと、明後日の唐津大会で、SANADAがシリーズに戻ってくるんでしょ?2024年1月4日、東京ドーム大会のメインイベントで、俺に、IWGP世界ヘビー級王座を渡す心の準備はできたか?カブロン!」


【試合後のアーチャー&ゼイン】

▼アーチャー「もしかしたら俺たちはこの最後の2戦に対して、自信を持ちすぎていたのかもしれない。4戦全勝だったのに、2連敗してしまった。まぁ、それでもいい。まだチャンスがある。G.o.D.、ラスベガスの借りがあるからな。お前たちも4勝2敗だろ。7日の対戦では、モンスターソースが勝って、5勝2敗になって、お前たちが4勝3敗で敗退だ。それが俺たちの計画だ。俺たちがお前たちから勝つ。命を取る一歩手前までお前たちを痛めつけて……いや、命まで奪ってやろうか。昔懐かしい“マーダーホークモンスター”の一部が復活するだろう。モンスターソースとして、楽しい時間が過ごせると思うぜ。めちゃくちゃいい時間がな。アイツがスリルをもたらして、俺がキル(殺す)する。アイツがソースを塗って、俺がトス(投げる)する。12月7日、皆殺しだ」

▼ゼイン「(※右脇腹を押さえながら)俺のせいでまた負けたことが悔しいぜ。でも、これからも集中して、自分にまだイケると言い聞かせるだけだ。(※痛めた右脇腹に自分で平手打ちをして、痛みで苦い顔をする)G.o.D.よ。ELP、ヒクレオ、ラスベガスでの借りがまだ返せてないぜ。まだ舐め返せてないよな。だから7日には、今日の試合みたいに自信を持ちすぎることなく、謙虚な気持ちで赴くぜ。ラスベガスの試合みたいに、自信を持たずに行くぜ。4勝は、7日に勝てなかったら何の意味もなさない。だから俺たちは勝つ。ヒクレオ、ELPよ。お前たちが一歩リードしてる状態だ。その一勝は俺たちからの最後の勝ちになるぜ。7日がお前たちの最後の晩餐だ。生でお前たちを食べてやる。イタダキマス!」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル