top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

オリックス・山下瞬平太の“大谷翔平ばり”のフォームに岩本勉氏「身体のサイズもよく似ているのでそれがピタッとマッチしたのでは」

ベースボールキング

オリックス・山下瞬平太の“大谷翔平ばり”のフォームに岩本勉氏「身体のサイズもよく似ているのでそれがピタッとマッチしたのでは」(C)ベースボールキング

◆ 「相当参考にしていると思いますよ」

 11月28日に行われた『NPB AWARDS 2023』で、パ・リーグの新人王に山下瞬平太、MVPに山本由伸とオリックスの両投手が選ばれたと発表された。

 新人王に輝いた高卒3年目投手・山下瞬平太は、プロ野球史上初の一軍未経験で開幕投手に選ばれ好投すると、シーズン16試合に登板し9勝3敗、防御率1.61の好成績での受賞に「初めての経験をたくさんさせて頂いたので、常に楽しみながら一年間過ごしてました。来年もこのような賞が頂けるように、一年間頑張りたいと思います」と喜びながらも来季に無決意を表明した。

 自身3年連続3回目の受賞で、チームの大先輩、山田久志氏とイチロー氏に並んだ山本由伸は「本当にありがとうございます。新しいステージに行くので、そこでまた頑張っていきたいと思います」と感謝とともにMLBでの活躍を誓った。

 まず新人王の山下瞬平太について、4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に解説として出演した岩本勉氏は「今どきですね。投球フォームも足を上げて下半身をリードしてとかの理屈は全く無く、足を上げてショートアームでトップの位置作ったら、マウンドの傾斜を利用してドーン!と。ある意味一番効率的かも。ちょっと大谷翔平に似ていますね。相当参考にしていると思いますよ。身体のサイズもよく似ているのでそれがピタッとマッチしたのでは」とメカニズムに着目した。
 
 もう一人の解説者の高木豊氏は山本由伸について「圧巻ですよね。満票で取るかと思うぐらい文句なしですよ。WBCからでしょ。ずっと調整していて、一年間長かったと思いますけどね。でも本当に立派な数字です」と成績に脱帽。岩本勉氏も「無限大の会話を提供してくれるすごいピッチャーですよね。海の向こうで大活躍してくれることは間違いないと思います」とメジャーでの成功にも太鼓判を押していた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル