top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

右手1本素振りなら打ち込み&すくい打ちを防止できる理由とは?【ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる/森山錬】

ラブすぽ

右手1本素振りなら正しい軌道も覚えやすい 打ち込み、すくい打ちを防止する ソールを滑らせる意識が大事

右手主導でのスウィングをマスターするためには、右手1本でクラブを振ることも大事です。その際、ソールを滑らせるような感じでスウィングする。そうすれば、クラブが正しい軌道で下りてきます。特にアマチュアの場合、アイアンを手にすると、上から打ち込もうとしたり、球を上げようとする人が多いので、ソールを滑らせる意識を持つことが正しいスウィングに近づきます。

ひとつ注意したいのは、グリップ時の右手の位置。通常、右手は左手の下に置くので、右手1本で握るときも左手のスペースを空けてグリップするようにしましょう。

芝がこすれる音を聞こう

バックスウィングは、ハーフスウィングより少し大きめに。クラブの重さを感じながら切り返す。

ヘッドと芝がこすれ合うようにスウィングしよう

ヘッドを手前から滑らせ、ヘッドと芝がこすれ合う音を鳴らす感じでスウィング。右手1本でも軌道が安定する。

フィニッシュは大きく取らないでOK。アイアンの“ライン出し”のようなイメージで振っていこう。

【NG】打ち込みスウィングは厳禁 【NG】球を上げようとしてすくい上げるのも禁物 【OK】短めに握る
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル