top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「コレがいいのよ」15年前のタイマーが故障!メーカーに修理依頼を渋る婦人、なぜ?【作者に聞いた】

Walkerplus

高級な包丁が陳列されたキッチン雑貨店で店長をしているオムニウッチー(@omni_uttii821)さん。店舗には、さまざまなお客が訪れる。今回は、修理依頼をお願いしにきたちょっと変わったお客の話を紹介しよう。


■直接メーカーに問い合わせるべき案件に納得できない婦人
お店では、キッチン雑貨の修理も受けている。「キッチンタイマーが故障したみたいで」と保証書を持ってきたお客。だがそれは、店舗で取り扱っていない商品だった。

保証期限を見てみると、なんと、15年前!取り扱いのない商品であるため、修理が難しいことを伝えると「前も聞いたんだけど、やっぱりダメかしら」と、二度目のトライだったという。

長年の経験上、メーカーに直接問い合わせてみるのが一番効率的だと伝えると、メーカー側には既に連絡済み。では、なぜうちに?話を聞くと、修理できるかは商品を見てみなければ判断できないのに、商品の送料を負担しなければいけないことに納得がいかず二の足を踏んでいたそう。「15年も前の、しかも当店で購入したものじゃない商品を持ってこられても困るし、新しいのを購入して欲しいと心底思いました」(オムニウッチーさん)。これはチャンス!と新しいキッチンタイマーを勧めたが、婦人のキッチンタイマーへの思いは簡単ではなかった。

■音が鳴らないキッチンタイマー。そんなことある?
別のお客でキッチンタイマーの不良品を訴える話。「この方の周りにはご家族がいないのか…相談できる人が近くにいないのか、一人暮らしなのか、心配になる一件でした」と、オムニウッチーさんは話す。

商品は店舗で購入し、保証書もきちんとある。期間内なので修理も対応できるが、キッチンタイマーの動作確認をすると問題なく動く。時間とともにピピピピピと鳴っているので、「大丈夫そうですね」というと、お客は「え?鳴ってるの!?」と驚いた。どうもタイマー音が聞こえないらしく、対処のしようがなかった。「モスキート音的なこと?」と、コメント欄でも驚きの声が上がった。


オムニウッチーさんは、ほかにもブログ「独女日誌」でエッセイ漫画を掲載中!Instagramには掲載してない学生時代の話や過去の恋愛話「10キロ痩せたら女になりました」や「初めて付き合った人は〇〇でした」を読むことができる。


取材協力:オムニウッチー(@omni_uttii821)
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル