top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

国内男子ツアー最終戦を制した蟬川泰果の「伸張反射を最大限に活かして捻転差を作る」スウィングをプロが解説【勝者のスウィング】

みんなのゴルフダイジェスト

国内男子ツアー最終戦を制した蟬川泰果の「伸張反射を最大限に活かして捻転差を作る」スウィングをプロが解説【勝者のスウィング】(C)みんなのゴルフダイジェスト

国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制し賞金ランク2位で締めくくった蟬川泰果。みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファー・中村修がそのスウィングを解説。

賞金ランク1・2・3位が優勝争い

ゴルフ日本シリーズJTカップは前週に賞金王を決めた中島啓太、同2位の金谷拓実、3位の蟬川泰果という若い3名が最終ホールまで優勝争いを続ける見どころのある展開になりました。

松山英樹の開拓した道を辿ってアマチュア世界ランク1位からマスターズに出場した金谷拓実と中島啓太の二人。その後を追ってアマチュアでツアー2勝を挙げた蟬川泰果との優勝争いで、今シーズンの国内男子ツアーを盛り上げた若い3人のプレーは目に焼き付けておきたいと感じさせる白熱したものでした。

金谷選手はアジアンツアーでも優勝し、賞金ランク3位の資格で来季のDPワールドツアーの参戦資格を得ていますし、中島選手はこの後、PGAツアーおよびコーンフェリーツアー出場に向けた予選会に参戦。今回の優勝で、賞金ランク2位に上がった蟬川選手も同じく欧州への参戦権を得ましたので、海外志向を持つ3人のプレーが国内で見られる回数は減ってしまうことでしょう。

ただ、松山英樹選手だけでなくオーストラリアで2週連続2位で終えた星野陸也選手やDPワールドツアーのルーキーオブザイヤーを獲得しPGAツアーへの昇格を決めた久常涼選手など、海外で活躍する選手たちが増えることは、宮里藍を見て育った黄金世代のように次世代へとつながります。

広告の後にも続きます

練習日に蟬川選手に来季の海外への挑戦を聞くと「ウェイティングで現地に行くのがリスクがあるので、出場が確定した状態で参戦したいですよね」と話していました。JTカップが始まる前は賞金ランク3位でしたので、より上位の資格で参戦できることになりました。

2024年4月には日本ツアーとDPワールドツアーの共催大会「ISPS HANDA選手権」が太平洋クラブ御殿場コースで開催されますので、日本勢から新たなヒーローが生まれるかもしれません。

蟬川選手のキャラクターに触れておくと、まだアマチュアとして出場していた一昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」の練習ラウンドについて歩くと、見に来ていたギャラリーに対してサインしたボールを手渡しし、一緒に写真を撮るサービスぶり。そういうファンに対する気遣いがギャラリーを沸かせるプレーにも表れているこでしょう。

下半身をゆるませずに体幹をねじり上半身と下半身の捻転差を作る

前置きが長くなりましたが、スウィングを見てみましょう。左手の甲が正面から見える“ストロンググリップ”で握るので、アドレスで手元は体の真ん中に位置します。そこから下半身をゆるめずにテークバックすることで、しっかりと体幹が捻じられた安定性のあるバックスウィングへとつながっています。

ダウンスウィングでは下半身から切り返し、インパクトでおヘソがターゲットを向くくらいしっかりとターンさせていることが見てとれます。これは「今週はドライバーが曲がらないように打てるひらめきがあったんです。腰の回転を作ればきれいなフェードがかかっていたので、ライン取りしたいときはフェードボールの調整がいうことを聞いてくれた」と会見で話していたことと重なります。

フェードヒッターはインパクト付近で体のターンが止まると、左に打ち出したボールがフェードせずに左に巻くいわゆる「逆球」になってしまいます。逆球はコースマネジメントからも外れるのでスコアを崩す最も大きなミスの一つになります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル