top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【サッカー日本代表】森保監督は課題を解消できず!闘莉王がズバリ指摘した「最大の弱点」

アサ芸プラス

 サッカー元日本代表の田中マルクス闘莉王氏が、5-0で快勝したW杯アジア2次予選の日本対シリア戦(11月21日)の採点を自身のYouTubeチャンネルで3回にわたって行い、先ごろ最後の配信が行われた。闘莉王氏はこの回で、菅原由勢や森保一監督を中心に評価をしている。

 菅原を闘莉王氏は、

「みんなに好かれているムードメーカー。サイドバックはなんでムードメーカーになるのか。長友佑都、内田篤人はまあ少し、三都主アレサンドロもそうですし、サイドバックにはバカが多いのかなと思うんですけど、またバカが出てきましたね。いや、いい意味の『バカ』ですよ」

 とプレー以外を高く評価。4.5点をつけて(基準は3)、MVPにしようと思ったと話した。

 プレー面でも上田綺世の2点目のゴールシーンを取り上げ、

広告の後にも続きます

「狭いところで3、4人の選手がからんでいた。あそこで『ここが突破する瞬間だ。このパスが入れば周りがこう動いてゴールまで持っていける』と先まで見えているように感じた。それができたのならレベルが違う段階にまで持ってこれたのかなと思います」

 として、菅原が今後レギュラーとして戦っていくと太鼓判を押した。

 そして最後に森保采配を採点。闘莉王は以前からフリーキックで得点できるようにするべきだと提言しているが、

「今日もコーナーキックもフリーキックも入ってない。2.5点」

 と厳しい採点に。とはいえ日本人監督として歴代最多となる8連勝には、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル