top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

明暗分かれた両指揮官。「我々が勝利に値する気がしたが……」とカーHCが嘆けば、ルーHCは「こういう勝ちが必要だった」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

明暗分かれた両指揮官。「我々が勝利に値する気がしたが……」とカーHCが嘆けば、ルーHCは「こういう勝ちが必要だった」<DUNKSHOOT>(C)THE DIGEST
 現地時間12月2日(日本時間3日、日付は以下同)、ゴールデンステイト・ウォリアーズは敵地クリプトドットコム・アリーナでロサンゼルス・クリッパーズと対戦。112-113で惜敗を喫した。

 この試合、ゲームの大半で主導権を握っていたのはウォリアーズだった。時間にして47分13秒もの間リードを奪い、最大点差は22点。しかしながら、後半に失速し相手の猛追を許すと、最後は第4クォーター残り8.9秒でポール・ジョージに勝ち越し3ポイントを決められ、まさかの大逆転負けを味わった。

 明暗分かれた両チーム。試合後、「我々にとってタフな勝利だった。このチームが戦い続けて、ビッグゲームで競い続けて勝利を飾る。我々にはまさにこういった勝利が必要だった」とクリッパーズのタロン・ルーHC(ヘッドコーチ)が振り返れば、ウォリアーズのスティーブ・カーHCはこう言葉を述べた。

「確かに、(クリッパーズは)とんでもないほどのタレントが揃ったチームで、最高のコーチがいる。NBAは48分間の試合であり、(会場は)相手のホームだった。(だから)我々は彼らが巻き返してくることはわかっていた。実際に彼らがランを決めた。我々としては相手を阻止し続けて、47分52秒(実際は47分13秒)をリードしていたと思う。我々がこの試合の勝利に値する気がしていたんだが、こうなってしまったら仕方ない」
  リーグでは48分間のなかで何度も流れが行き来し、強烈なダンクや鮮やかなアンクルブレイク、あるいは熱のこもったリバウンドやルーズボールダイブなどのハッスルプレーで潮目が変わるケースがある。この日、ウォリアーズは相手のホームで、最後まで流れに乗り切ることができなかった。

 3日時点で、クリッパーズは9勝10敗(勝率47.4%)でウエスタン・カンファレンス9位、ウォリアーズが9勝11敗(勝率45.0%)で同11位。両チームのゲーム差はわずか0.5で、首位にいるミネソタ・ティンバーウルブズ(15勝4敗/勝率78.9%)とウォリアーズのゲーム差は6.5のため、今季も大混戦の様相と見ていいだろう。

 プレーオフやプレーイン・トーナメントの順位を決めるうえで、直接対決の戦績が大きくモノを言うケースもある。それだけに、今季は後半の失速が目立つウォリアーズとしては、最後まで前半のリードを守り抜き、接戦の試合も勝ち切りたいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル