top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

巨人「2024開幕投手は戸郷翔征」通告でも王者・阪神とは渡り合えない「爆発的な覚醒があと2人必要」

アサ芸プラス

 それは突然のサプライズだった。読売ジャイアンツの阿部慎之助監督が、来年の開幕投手を戸郷翔征に託すと公表したからだ。東京都内のホテルで行われた「ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2024」にゲスト出演すると、

「リーダーですから。開幕投げてもらいます」

 ポロッと口にしたのだが、事前に打ち合わせはなし。当の戸郷は、

「初めて言われたので驚いています」

 と目を丸くさせた。スポーツ紙デスクが言う。

広告の後にも続きます

「サービス精神旺盛な、阿部監督らしい発表の仕方です。盛り上げたいというリップサービスがあったのでしょう。思わぬ発表に、その場にいたジャイアンツ担当の記者は大慌てだったようです。ただ、ニッポン放送のイベント内で大事な発表が行われたことに、ジャイアンツと友好関係があり上層部の関わりが深い日本テレビやラジオ日本の関係者は、苦々しい思いを抱えていました。ニッポン放送はライバル会社ですからね。せっかくなら日本テレビやラジオ日本の番組やイベント内で明かしてほしかった、と」

 来年は球団創設90周年の巨人が、2024年の開幕戦で戦う相手は阪神タイガース。38年ぶりの日本一に輝いた強敵だ。今年は阪神相手に6勝18敗と大きく負け越して、苦手意識を植え付けられた。

「王者の阪神と五分以上で渡り合わないと、巨人の4年ぶりリーグ優勝、12年ぶり日本一は近づいてこないでしょう。まともに計算できる先発投手は戸郷や山崎伊織、菅野智之くらい。赤星優志、井上温大、横川凱、ドラフト1位の西舘勇陽、ドラフト2位の森田駿哉、トレードで加入した高橋礼のうち2人くらいが爆発的な覚醒をしないと、来年も厳しいシーズンとなってしまいますよ」(スポーツライター)

 阿部監督が変革を掲げて「変わらないといけない」と危機感を募らせるジャイアンツ。2年連続4位から頂上へ駆け上がることはできるのだろうか。

(田中実)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル