top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

金正日は初ゴルフで38アンダー、正恩は3歳で銃の名手に…娘ジュエに今後付与される神格化エピソード

アサ芸Biz

 金正恩総書記が娘ジュエ氏を伴い、「航空節」翌日に北朝鮮空軍の主要施設を訪問、兵士たちを激励したとして朝鮮中央通信が、写真入りで大々的に報じたのは先月30日のこと。

 正恩氏はお馴染みのサングラスに黒革のロングコート姿。ジュエ氏も襟にファーがあしらわれたワインカラーの革のロングコートにサングラス、革の手袋をはめて現れた。まるでペアルックのような出で立ちに、韓国メディアは「金正恩の服装のイメージを重ねることにより、ジュエ氏が後継者になることをアピールする狙いがあるようだ」と伝えている。

「先月の偵察衛星打ち上げ後の祝賀会の講演で、党幹部がジュエ氏を『朝鮮の新星女将軍』と呼び、偶像化したと米政府系のラジオ『自由アジア放送(RFA)』が報じていました。それを裏付けるように、今回の大人びた革ロングコート姿のお披露目ですからね。国を挙げて、彼女の偶像化が始まったとみていいでしょう」(北朝鮮ウォッチャー)

 ジュエ氏が初めて公の場に登場したのは2022年11月。当初は10歳そこそこの子供にしか見えなかったが、今年に入りブランド服を着飾り、髪型も大人っぽく変化した。と、同時に、メディアによる呼称も「愛するお子様」から「尊敬するお子様」と、どんどん格上げされていった。

「韓国情報筋の話では、国民も当初はジュエ氏に対し興味津々で、年齢や兄弟の有無など関心も高かったようですが、常に父親に寄り添う姿が報じられる中、国民の多くが『彼女が後継者だろう』と刷り込まれている状況にあります。むろん国内で批判めいた話をすれば、即逮捕されてしまうため、どれだけ支持されているのかはわかりませんが…」(同)

広告の後にも続きます

 北朝鮮では、これまでにも金一族を神格化・偶像化するために、国内メディアを最大限に利用し、都市伝説ならぬ神話のような“超人伝説”が流布されてきた。

「有名なのが金正日誕生のエピソードで、同氏は1942年に、北朝鮮の聖地である白頭山で生を受けたとされているのですが、その際、誕生の予兆として、空に二重の虹がかかり、光り輝く新星が現れたといいます」(同)

 というのは序の口で、正日氏は生後3週間で歩き、8週間で言葉を発しただけでなく、大学時代には3年間で1500冊の著書を執筆。6本の「音楽史上最も傑作とされる」オペラを作曲したとも伝えられる。

「スポーツ分野でも並外れた能力を持ち、始めてのゴルフでは11回のホールインワンを達成し、38アンダーという信じられないスコアを叩き出した、という伝説もあります。正恩氏にも正日氏同様、3歳で射撃の腕を究め、7歳で時速200㎞の超高速船を操ったなどの常人が聞いたら腰を抜かすような伝説満載で、しかもそれを教科書に載せたり北朝鮮メディアが大真面目に報道し、神格化しているのです。ですから今後は間違いなく、ジュエ氏の驚くよう伝説がメディアを通じて流布されることになるでしょうね」(同)

 北朝鮮メディアによれば、正恩氏は数年前まで「瞬間移動」できる能力を持っていたというのだが……はたしてジュエ氏にはどんなトンデモ話が“創作”されるのだろうか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル