top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【難読】なんて読む?「恰も」の正しい読み方

マイナビウーマン

『デジタル大辞泉』によれば、「恰も」の意味は以下のように解説されています。

あたか‐も【×恰も/▽宛も】 [副]《「あだかも」とも》

1 (多くあとに「のようだ」「のごとし」などを伴って)あるものが他によく似ていることを表す。まるで。まさしく。ちょうど。「—自分が体験したように語る」

2 ちょうどその時。「時—芸術の秋である」

ちょうど、まるでという意味合いで使われますよね。普段から耳にしたり、自分自身も使っているという人、多いのではないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「恰も」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。聞いたことはあっても、漢字だけ見ると読めない言葉って意外とありますよね。

広告の後にも続きます

漢字のイメージがない言葉なので、「恰も」を“あたかも”と読むことにびっくりした人も多いでしょう。意識したことがないだけで、実は漢字がちゃんと存在する言葉って多いんです。気になった言葉があったら、ぜひ調べてみてくださいね。

(ななしまもえ)

<<これまでの難読漢字はこちら

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル