top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

日本開催の4週連続CHが終了

テニス365


四日市チャレンジャーで優勝したベルグス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)は3日、シングルス決勝が行われ、第4シードのZ・ベルグス(ベルギー)が第3シードのM・モウ(アメリカ)を6-2, 7-6 (7-2)のストレートで破り、今季チャレンジャー大会3勝目を果たした。

今大会、内田海智やトゥロター・ジェームズ、第5シードのM・ポルマンズ(オーストラリア)を下して決勝に駒を進めたベルグスはファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得するとモウのブレークを2度に抑える。

リターンゲームでは11度のブレークチャンスを創出し4度のブレークに成功。2時間3分で11月のドラモンドビル・チャレンジャー(カナダ/ドラモンドビル、ハード、ATPチャレンジャー)に続く今季3個目のタイトルを手にした。

今大会をもって11月から4週間連続で開催された日本のチャレンジャー大会が終了。各大会の優勝者と準優勝者は以下のような結果となった。

■ユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)
L・ナルディ(イタリア) 3-6, 6-4, 6-2 ダニエル太郎

■兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)
D・アドゥコビッチ(クロアチア) 6-4, 6-2 島袋将

■横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)
綿貫陽介 7-6 (7-5), 6-4 清水悠太

■四日市チャレンジャー
Z・ベルグス 6-2, 7-6 (7-2) M・モウ

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル