top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「日本シリーズ」初優勝の蟬川泰果。来季の目標は「海外1勝」。賞金王の中島啓太と賞金3位の金谷拓実も来季は海外を主戦場に!?

みんなのゴルフダイジェスト

「日本シリーズ」初優勝の蟬川泰果。来季の目標は「海外1勝」。賞金王の中島啓太と賞金3位の金谷拓実も来季は海外を主戦場に!?(C)みんなのゴルフダイジェスト

国内男子ツアー今季最終戦「日本シリーズJTカップ」最終日、首位タイでスタートした蟬川泰果が同い年の中島啓太らとの競り合いを制し、4月以来の今季2勝目でシーズンを締めくくった。22歳326日での優勝は大会最年少。アマチュア優勝を飾った昨年の「日本オープン」に続く国内メジャー2勝目となった。

若手のトップは全員、来シーズンは海外へ

前半を終えた時点で首位の蟬川を1打差で同じ最終組の中島、石川遼が追う展開。

1つ前の組を回る金谷拓実も後半に猛追し、まさに役者が揃った優勝争いとなった。

石川が14番のダブルボギーなどで脱落するなか、若手3人のマッチレースは続いた。金谷が終盤17番パー5のバーディで2人に追いつくと、蟬川も同じ17番をバーディとして一歩リード。

一方、中島は1.5メートルのバーディパットがカップに嫌われた。

広告の後にも続きます

数々のドラマを生んできた最終18番パー3、蟬川はティーショットをグリーン右サイドに外したものの、25ヤードのアプローチを40センチにピタリ。

前日にはここでダブルボギーを叩いており、

「また勝てないのかという思いがよぎった中で18番をパーでしのいで優勝できたことがすごく嬉しいです」

8カ月ぶりの優勝にインタビューでは涙を浮かべた。

金谷を抜いて賞金ランク2位でフィニッシュした蟬川は

「今日決めたことなんですけど、来年はアジアンツアー、DPワールド(欧州)ツアー、米ツアーに出る機会があると思うので、海外で1勝することを目標にやりたいと思います」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル