top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

伊藤淳史主演ドラマ『離婚しない男』放送決定 鈴木おさむ地上波連ドラ最後の脚本作に

Real Sound

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』©テレビ朝日

 伊藤淳史が主演を務めるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』が、2024年1月20日より放送されることが決定した。

 参考:【写真】『科捜研の女』の小池徹平

 漫画家・大竹玲二による原作漫画『離婚しない男』(講談社ヤングマガジンKC)をドラマ化する本作。妻の不倫に気づかぬフリをしながら不倫の証拠を日々収集し、父親が親権を獲得するという困難な壁に立ち向かう男の姿を描く“リコン・ブラックコメディ”だ。脚本は、2024年3月31日をもって、32年間活動してきた放送作家業と脚本業から引退することを発表した鈴木おさむが手がける。

 大手新聞社の社会部エース記者・岡谷渉(伊藤淳史)は、妻の不倫を目撃し離婚を決意。部署を異動し在宅ワークに切り替えるなど、娘の親権を獲得するべく着々と準備を進めるが、相談した敏腕弁護士から「父親の親権の獲得率はわずか1割」と突き放される。しかも、妻の不倫相手には秘められた過去があった。渉は相棒となった探偵の男とともに、妻の不倫の証拠集めに勤しみ、勝率1割の困難な戦いに挑む。

 伊藤が演じるのは、主人公の“サレ夫(不倫サレた夫)”渉。伊藤は鈴木の脚本について、「最後の作品となる熱い思いが込もった、いい意味でやりたい放題の世界観が広がっていると思います。その中で、登場人物すべてを深く、たくましく描いてくださって、それを現場で、皆さんで楽しく表現させてもらっています」とコメント。やり手新聞記者としてのキャリアを捨ててまで娘の親権獲得にこだわる渉だが、数多くの困難に、泣いたり、歯が抜けたりと右往左往する。

広告の後にも続きます

 伊藤は、「僕が演じる渉は、妻が不倫している状況。これに関して、渉の悔しさや悲しさは痛いほどわかりますし、同情しかありません。きっと視聴者の皆さんもそうだと思います。渉の気持ちを追って観てくださればいいのかなと思いますし、特に子どもですよね。僕自身も子どもがいますが、何かトラブルがあった時に一番守りたい存在じゃないですか。そのために闘うという彼の気持ちは共感できますね」と、渉の心情に寄り添って演じていることを明かした。

 続けて、「いろいろな愛の形があると思いますが、幅広い世代の方に観ていただける作品なのではないかと思っています。重さもありますが、かなり笑えるシーンもたくさんあると思いますので、お子様をお持ちの夫婦の方は子どもを早く寝かしつけて、夫婦の時間を大切に、このドラマで楽しんでもらえたらなと思います。皆で、現場で頑張って撮影していますので、ぜひご覧ください!」と視聴者にアピール。

 さらに、渉の妻・綾香と不倫を繰り返す芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサトを小池徹平が演じる。芸能界を目指す渉と綾香の娘・心寧の将来を考えるふりをしつつ、その行動は大胆にエスカレート。やがては、渉のマンションの隣の部屋に引っ越してくる。しかし、その背景には深い闇があった。小池は、「マサトは本当に嫌なヤツです(笑)。僕もそういった印象を持ちましたが、彼の過去が徐々に明るみになると……。はたしてそれが納得できる壮絶な過去なのか、そうではないのか、僕もまだ探りつつ、マサトを演じている状態です。いずれにせよ、どんでん返しに期待が膨らむキャラクターですよね」と、演じるマサトの魅力を分析。一方で、「これ、地上波で流せるの?」と心配する顔も見せた。

 そして、渉とバディを組み、綾香の不倫の証拠集めに邁進する探偵・三砂裕に扮するのは、佐藤大樹。EXILE / FANTASTICSのメンバーとして活動しながら、『around1/4 アラウンドクォーター』(ABCテレビ・テレビ朝日系)ほかで俳優としても活動する佐藤は、「出演のオファーがあった時はめちゃくちゃ嬉しかったです。というのも、よく取材で『次にやりたい役は?』と聞かれた際に『探偵です!』とずっと答えていたんです。その夢がこんなにも早く叶うとは思っていませんでした」とコメント。 「事前に原作コミックも読ませていただきましたが、すごく面白かったです。『この中で演じるなら絶対に裕がいい!』と思えるほど、今回演じさせていただく三砂裕は好きな役柄」と語った。

 さらに、親権事案において日本有数の解決実績を誇る敏腕弁護士・財田トキ子を水野美紀が演じる。水野は、「原作ファンの方々には、最初に謝っておきます(笑)」とコメント。“強烈なキャラ”としてアプローチしていることを明かし、「酸いも甘いも経験済のベテラン弁護士で、人にもまったく媚びず、淡々と職人として仕事をこなしている……トキ子の領域まで来ると、こういう感じになるんじゃないかと想像し演じさせていただいています。私自身は、人に対してそこまでクールになれないし割り切ることができないので。まさに“鉄のハート”を持った女性」と語った。

 それぞれに伊藤の印象を訪ねると、小池は「伊藤さんは過去にも何度かご一緒していますが、《安定の伊藤さん》(笑)」、佐藤は「カメラが回っていないところでも話しかけてくださったり、すごく優しく接していただいています。まさに《ザ・座長》といった感じ」、水野は「伊藤さんとは、子どもの話で現場でもすごく盛り上がっています。今度、家族同士で会おうという話も(笑)」とコメントを寄せた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル