top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「犯罪者だと思ってました」香取慎吾、TKO木本武宏と再会で当時の印象を赤裸々告白

ABEMA TIMES

 香取慎吾がTKO木本武宏と久しぶりの再会。例の騒動に触れ、「犯罪者だと思ってました」とぶっちゃけ発言をする一幕があった。

【映像】「死ぬと思ってました」5億円の損失 投資トラブル後のTKO木本

 ABEMAにて12月3日(日)に放送された『ななにー 地下ABEMA』#5では、「貸した金返せよ!」と題した企画が展開。このとんでもない企画を発案したのは、Netflix配信の世界的人気ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」の脚本を担当した金沢知樹氏だ。“お金には感情が出る”と考えている金沢氏は、お金を返してもらえない人を探して、香取慎吾が回収しに行くことで「きっと面白い人物に出会える」と期待する。

 そんな企画に登場したのが今年、巨額投資トラブルで活動を自粛するという騒動を起こした木本だ。ロケが行われたのは11月上旬、都内某マンションにて。「借金億超え」というゲスト情報に香取はたじたじの様子で「会っていい人だよね?」と、共にロケを行ったキャイ〜ンに思わず確認していた。

 エレベーターで上階へのぼり、ついに木本と対面。この段階で木本の顔には「容疑者」と書かれた映像処理が行われていたが、香取が「カメラには映っていいんですよね?」と確認すると、木下は「映ってもいいんですよ。犯罪者じゃないんですから」と返す。これを受け、香取が「犯罪じゃないんですか?犯罪だと思ってました」と切り出すと、木本は「犯罪だと思ってたらよう来たね」とツッコミを入れ、「顔の処理取ってくださいよ!」と主張。ようやく木下の顔がお目見えした。

広告の後にも続きます

 その後も、香取が「ニュースとかワイドショーを見た感じだと、お金の犯罪・詐欺行為みたいな印象です。僕の中では」とストレートに伝えると、木本は「ちょっとは言葉選んで(笑)」と要望。その上で現場の重たい空気を察したのか、木本が「これから聞かれていくことを答えていくだけですけど、重たくなったらアレなので(相方の)木下(隆行)も呼んでいいですか?」と伝えると、香取は「その人はもっとダメな人」と笑いを誘っていた。

 続けて、木本が「昔、(木下は香取と)映画(『LOVE まさお君が行く!』)で共演させてもらったことも」と言うと、香取は「それも今は言わない方がいい」とあくまでもバラエティに徹する姿勢。その後、現場には木下が到着。再会を果たした香取が「もう会えないと思ってました」と挨拶すると、木下は「僕もです」と笑った。

 しかし、その後、木本から語られる投資詐欺事件の真実に香取は衝撃。木下とのコンビ愛にも感動する一幕があった。その内容とは?
(ABEMA「ななにー 地下ABEMA」より)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル