top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

被害総額約5億円 TKO木本の“巨大投資トラブル”の真実「被害額を不動産投資で取り戻さないか」甘い言葉にだまされ地獄

ABEMA TIMES

 5億円以上に及ぶ巨大投資トラブル。TKO木本武宏が騒動の真実について赤裸々に語る一幕があった。

【映像】報道後、TKO木本にすり寄ってきた詐欺師たち

 ABEMAにて12月3日(日)に放送された『ななにー 地下ABEMA』#5では、「貸した金返せよ!」と題した企画が展開。このとんでもない企画を発案したのは、Netflix配信の世界的人気ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」の脚本を担当した金沢知樹氏だ。“お金には感情が出る”と考えている金沢氏は、お金を返してもらえない人を探して、香取慎吾が回収しに行くことで「きっと面白い人物に出会える」と期待する。

 そんな企画に登場したのが今年、巨額投資トラブルで活動を自粛するという騒動を起こした木本だ。香取は木本と対面すると、投資に失敗した経緯について事細かく取材した。まず木本は「元々、投資はしたことがなかったんですけど、仕事の企画で出会ったエンジニアの方が『ビットコイン買った方がいいよ。すごいことになりますよ』と言うので、見よう見まねで仮想通貨を買ってみたんです。そうしたら、買ってすぐに“ブワーっ”て価値が画面上で増えるのを経験して」と投資にはまり始めたきっかけを説明した。

 FXにも興味を持ち、トレードについて学ぶも「自分では無理や」と判断。そこで知り合った“お金を増やすプロ”だという男性A氏に「俺のお金を預けるからやってくれないか」と自らお願いしたとのこと。

広告の後にも続きます

 その話を周囲の人間に話したところ、木本の総勢9人の仲間たちもA氏にお金を預けるようになったそうだ。木本は「その当時、約1億7000万円くらい預けていて、これだけ増えたんやから、どんどん増えて行くやろうと思ってた。預けっぱなしになってたんです」と語る。しかし、その後、木本の元に利益の話は一切こない。途中で不安な気持ちに襲われ「ちょっとずつお金を戻しといてくれへんか?」と、“疑ってる”と思われないように気を使った言い方で相談。すると6000万円はすぐに戻してくれたという。

 その後事態は急変する。なんとA氏と連絡が取れなくなってしまい、1億円以上の損害を出してしまう。木本は「(仲間の)中には大きな金額を出していた人もいた。僕がいなかったら繋がることはなかった関係という以上、とにかく僕の責任だと思ったので、全部を切り崩して、戻していった」と明かす。しかし、実際には、木本が9人の仲間に対して損害を背負う責任はなかった。にも関わらず、責任感の強さから木本は1億円以上の損害を1人で背負うことに決めた。

 そんな中で木本の元に「被害額を不動産投資で取り戻さないか?」という甘い誘惑が訪れる。この言葉がますます木本を狂わせた。「僕もA氏というトレーダーにお金を預けてたんです」というB氏が登場したのだ。

 B氏は木本と10年以上付き合いのある後輩だそうだが、不動産投資で人生が激変。「車も持ってなかった人間が運転手付きの生活になった」(木本談)という。B氏は「今回は勉強代だと思います。だったら木本さん、僕が前からやってる運用方法で損失を取り戻しませんか?」と声をかけてきたそうだ。

 当時は「藁にもすがる気持ち」だった木本は、その不動産投資に乗ることにした。そして木本はその情報も仲間に伝え、みんなも乗ってしまうことに。結果的に同じ過ちを繰り返してしまったのだ……。

 最終的に木本を含めた合計4人が、B氏に対し総額5億円を預けた。しかし、そこから2ヶ月、3ヶ月経っても運用が始まらず、ここでも木本は焦り始め、B氏に対して「それやったらやめとく。運用始まってないなら、戻して」と伝えたそうだ。結果、1億6000万円は戻ってくるも、その直後にB氏も音信不通となってしまったという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル