top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

大石まどか、生演奏ライブ<生ラ!>開催「私自身も勉強しながら楽しんでいます」

BARKS


デビュー32年目を迎え、シングル「ナミダワスレ」が好調の演歌歌手・大石まどかが、12月1日に東京・銀座のGINZA Lounge ZEROにて<生ラ!>と銘打った生演奏ライブを開いた。

◆ライブ写真

<生ラ!>とは、北海道弁の“なまら”と生演奏ライブの頭文字を冠したタイトルで、2013年からスタートしたバンドによる生演奏ライブとなっている。今回で、11回目の開催を迎えた。

大石まどかはオリジナル曲「夢のツボミが」でテンポ良く登場すると、「<生ラ!>は年に一度、一番自分にプレッシャーをかけているステージだな、と思っています。カンペを見ずに、歌詞を全部覚えていくのが大変で……。でも、歌詞が頭に入ってくると、自然と気持ち良く歌えるようになる一面もありますね」とトーク。


そして11月27日に創立55周年を迎えた所属事務所のサンミュージックプロダクションの先達、森田健作「さらば涙と言おう」に始まり、野村将希「一度だけなら」、西郷輝彦「星のフラメンコ」、牧村三枝子「みちづれ」、都はるみ「おんなの海峡」のメドレーを披露。会場に駆けつけた先輩の女性歌手たちにマイクを向ける一幕も。

また先日、同社の代表取締役社長に就任したばかりのお笑いコンビ・ブッチャーブラザーズのリッキーこと岡博之が大石に紹介されサプライズ登壇すると、場内からは大きな拍手が起こった。


地元・函館を舞台に歌った「愛しの函館」で前半を締めると、和装からドレスに早変わり、後半戦はジャズスタンダードの「LOVE」と「Come On A My House」を披露。作曲家杉本眞人が見守る中歌った「紅い花」では感極まって涙する場面も。

トークで「<生ラ!>のステージはほとんど自分の曲ではなく、カバー曲がメイン。アレンジを変えると雰囲気が変わる、それを私自身も勉強しながら楽しんでいます」とコメントし、テレサ・テン「エレジー」や五木ひろし「哀恋記」といったリズムの強い2曲を力強く歌い切った。

そしてオリジナル曲「茜の炎」、昨年11月末にリリースされた「ナミダワスレ」も歌唱。全26曲を披露、集まったおよそ100名の観客を魅了し90分のステージに幕を下ろした。


◆大石まどか 日本コロムビア オフィシャルサイト
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル