top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【自由自在】富士そばで最高な1000円の使い方! ベストな注文はどれだ!!

ロケットニュース24

元気ですかーーー! 元気があれば何でもできる。元気があれば富士そばにも行ける。そして1000円あれば富士そばで大満足できる!! シリーズ『最高な1000円の使い方』の第13回は、立ち食いそばの「富士そば」が登場だ。

立ち食いそばを舞台にした戦いは初となるが、果たして参加者たちはどんなオーダーを見せたのか? 考えに考え抜いた『最高な1000円の使い方 富士そば編」を以下でご確認いただきたい。

・1000円を使い倒せ

まずは本企画の概要を説明しておこう。『最高な1000円の使い方』はその名の通り、最も有効的な1000円の使い方を模索する企画である。1001円になったら即失格! 何より「1000円のポテンシャルを最大限に引き出すセンス」が試される企画だ。

富士そばは店舗によってメニューや価格が微妙に異なることでも知られているため、参加者たちはホームページのみならず店頭でも悪戦苦闘! かつてなく “出たとこ勝負” の側面もあったハズだ。

ある意味で自由度が高い富士そばで、参加者たちが見せた自由自在のオーダーとは? 己の意地とプライドを賭けたベストな注文は以下の通りである!

・GO羽鳥「せいろ2トップを一度に楽しむ3in1の欲張りセット」

広告の後にも続きます

鴨せいろそば: 580円
しゅんぎく天ぷら: 170円
イカ天ぷら: 160円
温泉たまご: 80円 …… 合計 990円

「そばメニューの2トップといえば、「天せいろ(天ざる)」と「鴨せいろ」であると私は思う。立ち蕎麦ではない蕎麦屋なら、どちらも必ず1000円超えの豪華メニュー。それを1度に楽しめるのが、いわゆる「立ち蕎麦」の良いところ。

まずは「鴨せいろそば」を普通に楽しむ。つゆ濃いめ & しっかり出ている鴨だし & 油多めのワイルド系なので、本格的な手打ちそばでなくても戦える。

そんなつゆに天ぷらをドボンして、そばと一緒に楽しんだら……そう、これぞまさに「天せいろ」。なお天ぷらは、しゅんぎく天で野菜をとり、イカ天でタンパク質をとる作戦。

そして、とどめとばかりに半熟の温泉たまご。器の中に、濃いめのつゆを少し入れ、黄身の中に蕎麦をくぐらせたら……ちょっとした「月見そば」にもなってしまうのだ。

つまるところ、2トップ+1の「3in1」な欲張りセットがコレ。もしも普通の蕎麦屋だったら、3000円に迫るのではないかという、量より質の超豪華メニューである」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル