top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

三代目JSB・ØMIが明かす、人気絶頂の裏で抱えていた孤独と葛藤 「“美しい終わり”を大事にしている」

Real Sound

 三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・ØMI(登坂広臣)が、10月17日、2ndフォトエッセイ『LAST SCENE』(幻冬舎)を発売した。今年1月に撮影したという写真のロケ地は、ØMIにとって原点回帰できる場所、フランス・パリ。エッセイパートには、8年前に発売した1stフォトエッセイ『NOBODY KNOWS』(幻冬舎)の続きとなる、2015年以降のエピソードが主に綴られている。人気絶頂の裏でØMIが抱えていた孤独や葛藤、大切な家族との別れ、そして切ない恋の思い出――。「次があると思わず、最後のつもりで全力を尽くしていく」という想いで制作した本作について、今の想いを語ってもらった。(斉藤碧)

ØMIのフォトライブラリーを見る

■『NOBODY KNOWS』以降もいろいろなことがあった

――1stフォトエッセイ『NOBODY KNOWS』の発売から8年ぶりのフォトエッセイとなりますが、いつ頃から制作を始めましたか?

ØMI:以前から幻冬舎さんとお仕事させていただく際に、度々「フォトエッセイ作りませんか?」とか「書籍出しませんか?」とご提案いただいていたんですが、なかなか踏み切れなくて。ようやくフォトエッセイを作ってみようかなと思い始めたのは、昨年でしたね。というのも、前作『NOBODY KNOWS』を出させていただいた時に、生い立ちから2014年頃までの自分の人生を全て伝えきったつもりでいたんですよ。人生が変わるオーディションを経験して、アーティストになって……という過程も全部。だから、前作を制作している時も「これが最初で最後だ」と思いながら作っていましたし、第二弾を作ったところで、新たに伝えられることがあるのかなって思ったんです。でも、冷静にこれまでのことを思い返してみたら、たしかに『NOBODY KNOWS』以降もいろいろなことがあったなぁって気づいて。今の僕が、日々全ての仕事に対して「これが最後だ」という意気込みで臨んでいるように、『LAST SCENE』というタイトルでフォトエッセイを制作することにしました。

広告の後にも続きます

――つまり『LAST SCENE』というタイトルは、本格的に制作に入る前から見えていたんですか。

ØMI:はい。写真のロケ地をどうするとか、本文の構成をどうするかっていう以前に、次に書籍を出すならこのタイトルでいこうって決めていました。一応『LAST DANCE』とか『LAST SONG』とか、候補は他にもあったんですけど、自分の生き様を形にしたいっていう意図があって。幻冬舎の方と相談しながら、最終的に選んだのが『LAST SCENE』でした。

――タイトル先行で世界観を作り上げていくというのは、ØMIさんの楽曲制作と通じるものがありますね。

ØMI:そう、曲を作る時と同じ感覚でしたね。『LAST SCENE』という書籍を作りたいから、じゃあ写真はどうしよう? 文章は?っていう、いつもの手順で制作しました。

――2023年10月に発売することにしたのは、なにか理由が?

ØMI:フォトエッセイのベストな発売タイミングは、僕にもよくわからなかったんですけど。昨年の段階で、2023年の三代目JSBは、アリーナツアーやMEET&GREETツアーといったアットホームな活動が続くことが決まっていましたし、その先にはドームツアーも控えているという、フルボリュームな1年になることが予想されたので、その中で僕のパーソナルな部分を知ってもらうのが一番いいんじゃないかなと思ったんです。そういう理由で、僕のほうから「ドームツアーを直前に控える時期にフォトエッセイを発売したいです」と相談させていただき、今年1月にパリに行って写真を撮影してきました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル