top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

遊女を呼んではどんちゃん騒ぎ…賄賂で身を滅ぼした江戸時代の役人・上羽与平次の末路

Japaaan

目先の欲に目が眩み、公益を損ねる賄賂はいつの時代も良からぬもの。しかしそれでも賄賂を出す者、もらう者、欲に目が眩む者は後を絶ちませんでした。

今回は江戸時代、賄賂が元で身を滅ぼしてしまった上羽与平次のエピソードを紹介。

皆さんには無縁でしょうが、まぁ昔にそんな人もいたんだな、と薬にしていただけたら幸いです。

ずっと真面目にやってきたのに……出張先で羽目を外した結果

上羽与平次は生年不詳、元は某家の子として誕生しました。

それが上羽新五郎の元へ養子に出され、寛延元年(1748年)7月5日に家督を継ぎます。

広告の後にも続きます

当初は真面目に仕事をしていたようで、やがて江戸城の御天守番に抜擢されました。

その仕事ぶりが評価されたのか、明和6年(1769年)5月26日 、与平次は御勘定に栄転します。

御勘定とは勘定奉行の配下で、勘定奉行>勘定組頭>御勘定>勘定支配という序列でした。

どうやら算術ができるだけでなく、お金を任せられるほどの信頼を築いていたようですね。

俸給は廩米(蔵米。所領ではなく米の現物支給)150俵。所領なら約60石(1石≒2.5俵)に当たります。

さて、そんな与平次は翌明和7年(1770年)12月6日。関東および奥州の川普請(河川の改修工事)を巡見(視察)するため、江戸を出発したのでした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル